スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナクロマシーン! - DYMO(ダイモ)M1595

我が家のDYMO(ダイモ)です。

P6220158_convert_20120622190004.jpg

テプラのアナクロ版ともいえる、エンボス文字のテープが作れるおなじみの手動マシーン。

私にとっての初めてのダイモは、それはそれはscosがまだ本郷店しかなかった昔、そして自分もまだ東北の田舎にいた昔、scosに電話をして注文した赤いダイモでした。

「文房具と旅をしよう」を読んで一気にscosファンになった私が、電話までしてダイモ+あれこれ総額5,000円の注文したのはおそらく高1の頃。

その後すぐ、ほとんどscos目当てで母と東京へショッピングに出たとき、オープン前のお店の近くで「文房具と~」の著者でもある寺村さんを発見し、「あれscosの人だよ!寺村さん!」と母に興奮して伝えた記憶があります。

今思えば母も、そんなこと言われても…という感じだよなあ。

話がそれました。

で、そこから月日は流れ、何度か引越しをするうちに、いつの間にか大好きな初代ダイモが手元からなくなっていました。

英字しか打てないかなりシンプルなダイモでしたが、真っ赤なボディと黒い文字盤が大好きだったなあ。

そんな思い出深いものを簡単になくしてしまうというお粗末な歴史を経て、現在。
もう埋もれさせないよう、現行ダイモは紙袋にしまって目に付くところに下げています。

P6220171_convert_20120622190834.jpg

今使っているのは、英字(大)&英字(小)&ひらがな&カタカナの文字盤がセットのもの。

P6220165_convert_20120622190308.jpg

(※英字は、大文字と小文字ではなく、単純に文字のサイズが「大」「小」という意味なので注意です。)

昔使っていたものは小ぶりでしたが、こちらは片手でぐっと握りしめるなかなかビッグなサイズ。

メカ的にはアナクロで昔から変化なしなのですが、デザインからはレトロ感が薄れています。
それだけちょっとざんねん…

でも打った文字の絶妙な脱力感は健在!

よく使うのが、ちょっとお礼を…というときのラッピングです。

P6220162_convert_20120622190133.jpg

ワックスペーパーの袋に、かすみ草の押し花を「アリガトウ」でとめます。

カタカナで何となく気が抜けた雰囲気にするのが好きです。

そのまま「オメデトウ」でも応用できたり、
あとはこんな「オスソワケ」など。

P6220168_convert_20120622190441.jpg

ダイモはもちろんおうちの中でも大活躍。

P6220169_convert_20120622190603.jpg

こんな風に、カレンダーに貼るごみの分別シールも毎月いっぺんに何枚か作ります。

1回使いきりじゃもったいない!という場合は、マスキングテープの上に貼るようにすれば、マスキングテープを貼ったりはがしたりして、何度も使えます。

それから、取扱説明書を入れている袋。

P6220170_convert_20120622190709.jpg

テープの色もいろいろありますが、やっぱり黒が好きです。

それから、我が家のおそうじグッズである重曹や粉せっけんの小分け容器にも「セツケン」「ジユウソウ」と貼っています。

そう、悲しいかなこのダイモ、小さい「っ」や「ゅ」が打てないのです!

そんな脱力ダイモ。

でも、「こんなものがあるのか!」と衝撃を受けた高1の頃の自分と同じように、やっぱり打つたびにわくわくする不思議なマシーンです。

◆ちなみにネットではこちらが安そうです→ワールドステーショナリー

↓ご婦人1クリックが、励みです。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

関連記事
スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。