スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白いふせん - 無印良品 植林木ペーパー しっかり貼れる付箋


良品週間が止まらない!

今回、収納アイテムなど、大物で欲しいものが溜まっていたので、初めて会員登録をしたのですが、日本中のみなさんが良品週間でいろいろ買ってしまう気持ちがよーーーくわかりました。

無印=定番である一方、うっかりしているとなくなってしまう商品も多いので(前回の週刊誌ノートのように)、なんだかずいぶん買ってしまいました。

今回はその中でもお気に入り、白いふせんです。

P6190124_convert_20120619140518.jpg

商品名は「植林木ペーパー しっかり貼れる付箋」。

過去にも、Post itの方眼ふせんの白地タイプや、透明ふせんの白タイプを愛用してきましたが、白いふせんっていいです。

これだけ文具の使い方も広がっている今、「ふせん=目印、注目させるところ」という意味合いだけではなくなっています。

リスト化のツールとして、簡易メッセージカードとして、ふせんの出番は無限大!
昔ながらの紙製+横長+黄色だけでは満足できません。

私が偏愛している透明ふせんなど、まさにそういうふせんの変化を体現している商品だと思います。

そこで、無印の白いふせん。

1セット50枚で150円。
サイズは約45×45mmと小ぶりです。

P6190126_convert_20120619141429.jpg

この小さめサイズが絶妙で、あまり余白がない新書などの本にも、本文の邪魔をせず貼れます。

P6190129_convert_20120619141845.jpg

P6190127_convert_20120619141644.jpg

しかも明るい白なので、ほどよく目立つ!

本やノートに追記的に書き込みをしたいときは、やっぱり接着面が広いふせんが合います。

それから、借りたものを返すときや、プレゼントとまで行かないちょっとした渡しものに、さりげなく貼っても。

P6190133_convert_20120619142142.jpg

ふつうの色モノふせんだと「いかにもふせん!」「いかにも文具!」という感じですが、白ならふせん感(?)が和らぐので、マスキングテープやシールと組み合わせれば、簡易メッセージカードとして十分な雰囲気になります。

ふつうのメモ帳でこれだけ小さいサイズというのもなかなかないので、やっぱり重宝します。

(※のりが残りやすそうなものには、透明ふせんのほうがおすすめです。)

もちろん、ベーシックな見出し的役割でも、シックにまとまって、大人のノートらしい雰囲気に。

P6190132_convert_20120619142032.jpg

ノートや本からあんまり派手なふせんがにょきにょき出ていると、受験生みたいですもんね。
それもそれで楽しい見栄えだったりするのですが。

今回は良品週間ハイになって無印で買いましたが、もちろんコクヨのドットライナーシリーズなど、他にも白いふせんはあります!

でもやっぱりこの絶妙なサイズ感は無印のものがいいなと思います。

私の定番白ふせんになりそうです。

↓みなさんすごい無印ファン!
にほんブログ村
トラコミュ
やっぱり好き MUJI 無印良品


↓良品週間が止まらないみなさんも、ご婦人1クリックお願いします!
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
関連記事
スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。