スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

てきとうDIYシリーズ2 - つぎはぎノート

なぜこんなにDIYづいているかと言うと、
現在風邪でお休み中。
表に出られず、でも動きたくてむずむずしているので、
せめて手を動かして発散!
というわけで今日も手を動かしました。

その名も「つぎはぎノート」。

P5220912_convert_20120522121955.jpg

昨日の「てきとうメモ帳」より、
ちょっとだけ手がかかっていますが、
それに比例していい加減さにも磨きがかかっています。


作り方はこんな感じ。

1. 中に入れたい紙を決めて、好きな枚数を半分に折ります。

2. その折った中紙のサイズに合うように、表紙と裏表紙を作ります。

2-1. 今回も昨日と同じ、あまっている蝋引きの袋をカット!カット!カット!

P5220902_convert_20120522121228.jpg

もちろん好きな紙やパッケージを使って作ってください。

2-2. マスキングテープでも何でもいいので、中紙サイズに合わせてつぎはぎします。

P5220903_convert_20120522121113.jpg P5220904_convert_20120522121341.jpg

蝋引きの紙の場合、裏側にもマスキングテープを貼ると、透けてかわいい!

2-3. 表紙と裏表紙をくっつけます。(すでに表紙と裏表紙が1枚になっていれば、この工程はカット)

P5220909_convert_20120522121603.jpg

裏も表もこんな感じにつぎはぎ状態。

3. 1で折った紙を乗せて、真ん中をリボンで束ねます。

P5220908_convert_20120522121712.jpg

4. きゅっとむすんだら完成!

P5220913_convert_20120522121849.jpg

リボンはきっちりきつめに結んであげてください。

ちなみに私はマスキングテープでぺたぺたつないで、
1か所だけギンガムチェックの自家製クロステープを貼りました。

P5220919_convert_20120522122115.jpg

下の方、袋の底感がすごい…

このタイプのノートは、上下左右裏表、好きな面を表紙に持ってこられるし、
昨日のてきとうメモ帳同様、中の紙の抜き差しも自由!

やっぱり家にあるもので作ったので、おねだん0円。

目分量でサイズを合わせて、袋の折り目に沿って切っているので、
定規も使わず、所要時間5分くらいです。
のりも使っていないので、べたべたしなくてストレスフリー!

P5220918_convert_20120522122228.jpg

ぐつぐつ作った生姜大量投入のチャイを飲みながら、
このつぎはぎノートに、頭の中のつぎはぎのアイデアでも書こうかな。

最後までありがとうございます。
下記クリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村


*******

文具じゃないおまけの話。

手作り熱冷めやらず、ミニミニ裁縫をしました。

以前、IKEAで見つけたKRAMA(クラーマ)ハンドタオル

krama-handotaoru__12404_PE090073_S4_convert_20120522124108.jpg

色違いのループが付いたハンドタオルが10枚349円!と、ときめいたのですが、
10枚も要らないなあ…と思い、購入は断念。

でも白いタオルにカラフルなループという組み合わせが忘れられず、
家にあったオーガニックモスリンクロスを引っ張り出し…

P5220899_convert_20120522120519.jpg

青いリボンを縫い付けました。

P5220898_convert_20120522120355.jpg

これでよし!

P5220900_convert_20120522120712.jpg

以上、おまけの話でした。

関連記事
スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。