スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

透明ふせんの持ち歩き方法 - セリアのソフトカードケース

以前紹介した、私が溺愛する透明ふせん→過去記事1過去記事2

P4070500_convert_20120407204228.jpg

こちら、プラスチックの台紙の上にふせんが並んでいるのですが、
ふせんをガードするフタ(表紙?)がついていないので、
どうやって持ち運ぶのがいいのか?というのが、ユーザーの課題のひとつのようでした。

手帳のポケットにはさんだり、本と持ち歩くときはしおり本の内側に貼るというので、
とりあえずは何とかなりますが、
もうひといきどうにか!と考え、
単独で持ち歩くときには、B7のカードケースに入れることにしています。
こんな風に。

P5070813_convert_20120507092109.jpg

のりのついている側からスライドさせれば、
ふせんがはがれず、ストレスなく出し入れ可能です。

こういったカードケースは硬質と軟質とありますが、
しおりのプラ台紙自体がしっかりしているので、軟質タイプで問題なしです。
むしろ軟質タイプの方が、口の開閉が大きくできて、ストレスフリー!

どこのメーカーのものでもいいですが、
私は、セリアのソフトカードケースを使っています。2枚セットです。

P5070814_convert_20120507092347.jpg

仕事の場面でも使いたいので、シンプルに使っていますが、
プライベートオンリーなら、シールなどでかわいく飾ってもいいですね。

もし透明ふせんをToDoリストなんかに使っている方がいたら、
ふせんを貼ったメモを一緒にケースに入れて持ち歩くというのもありですね!

とりあえず…ですが、これで透明ふせんをかばんにぽいっと放り込んで持ち歩けます。

透明ふせんの持ち歩き、何かいいアイデアがあればぜひ教えてください。

最後までありがとうございます。
下記クリックしていただけるとうれしいです。更新がんばります。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。