スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美しいふせん - ふせん工房「ETIQUETTE(エチケット)」 その2

さて、前回に引き続き、透明ふせん「ETIQUETTE(エチケット)」のお話です。
今回は54×65mmという大き目サイズについて。
今回私が手にしたのが、この白(低透明度)とベージュ(高透明度)の組み合わせです。

P4080513_convert_20120408203725.jpg

前回の記事に書いたような魅力は、当然このサイズのものにも貫かれています。
でもこのサイズになると美しさというのが際立つので、
どうしてもビジネスユース、実用性、というところを超えた
情緒的(?)な使い方をしたくなります。

だってこれ、まるで子供のころ持っていた紙せっけんのような雰囲気。

最近は、グラシン紙の袋や封筒が人気だったり、
「ちょっと透ける」というのに惹かれます。
紗がかかったような雰囲気が、贈りものにも合うんですね。
ということで、私が気に入っているエチケットの使い方は「一筆箋的」使い方です。
どういうことかというと、こんな感じ。

「あそこおいしいよ~」と教えたお店のパンフレットを友達に渡すとき。

P4080514_convert_20120408204038.jpg

こんな文字の上に、メッセージを書きたいときは、
低透明度の白がぴったり。
シールを貼ってもかわいい!

それから、ちょっとしたクーポンを渡すとき。

P4080517_convert_20120408204207.jpg

明るい写真を邪魔しない、高透明度のベージュを使います。
派手な下地に貼ると、ほとんど透明みたい!

そして、ちょっとしたお土産を渡すとき。

P4080519_convert_20120408204433.jpg

白っぽいベースには、ベージュがさりげなく引き立ちます。
地の模様を生かして、メッセージをちりばめて。
この54mmのサイズ感が、ちょっとしたメッセージにぴったりです。

ふせんなんだけど、特別感があるから、
さりげなく、でもやさしくメッセージを伝えられます。

こうやって直接貼れるのも、
のり残りがないという大きな利点のおかげです。

個人的にはこの54mm幅のカラーラインナップを増やしてほしい!と願う次第です。
パープルとかグレーでこのサイズがあったら本当にいいなあ。

これまでのふせんの考え方が一気に変わる、美しいふせん。
きっとまだまだいろいろな使い方を秘めています。

最後までありがとうございます。
よければ下記クリックしてくださるとうれしいです。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。