2012年05月

コラージュからのよもやま話

昨日コラージュについて書いて、ちょっと思い出したことがあったので、
今日はよもやま話。

去年、シカゴの現代美術館(Museum of Contemporary Art Chicago)で見つけた、この作品。

image-preview+(28)_convert_20120531171830.jpg

いろいろな紙の破片でカレンダーを作ったものです。
こういう並べただけのコラージュも本当にすてきです。

リヴァーニ・ノイエンシュヴァンダー(Rivane Neuenschwander)というブラジルのアーティストの作品だそう。

image-preview+(27)_convert_20120531171910.jpg

いつか私もまねしてこんなカレンダーが作りたい!と思いながら、まだまだ作れないでいます。

ちなみに、このシカゴの美術館には、
こんな生徒の顔写真とライトを使ったアートや(ちょっと見えにくいですね)

image-preview+(30)_convert_20120531172052.jpg

古いフィルムをつないだ映像作品がありました。

P1010859_convert_20120531172008.jpg

どれもすてきで、不審者だと疑われたらどうしようかと思うくらい見ていました。

こちらは、アメリカ版ピタゴラ装置とも言える映像作品。

image-preview+(31)_convert_20120531172120.jpg

この美術館はミュージアムショップも最高に楽しかった!

さて、話は戻って、Rivane Neuenschwander。
いつか彼女の作品「I Wish Your Wish」を生で見たい、というのが私の夢です。

そういえば、昔からMarina Plaというアーティストも大好きなんですが、
このひともアルゼンチンのアーティスト。

南米大陸のガールズアートが好きなのかも知れません。

今日はちょっぴり横道のお話でした。

image-preview+(26)_convert_20120531172154.jpg

↓コラージュ好きならこちらもチェック
にほんブログ村
トラコミュ
コラージュ大好き!


↓応援の1クリックが励みです↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

てきとうDIYシリーズ5 - コピーでつくる便箋道楽

なんだか便箋がつくりたくなったので、こんなものをつくりました。

P5301054_convert_20120530203018.jpg

P5301055_convert_20120530203149.jpg

ごくごく簡単なコラージュをして、カラーコピーでつくった便箋です。
(カラーコピーでつくるシリーズ(?)第1弾のブックカバーはこちら。)

ベースとなる紙は、色紙や方眼の紙、原稿用紙など、変り種のものを使うとかわいいのですが、
土台がおしゃれだとけっこう気構えてしまうので、
今日は手始めに無地の計算用紙をピックアップ。

P5291042_convert_20120530203623.jpg

10分以内にできるのが、てきとうDIYの肝です。

家にてんこもりあるシールを選び、ぺたぺた。

P5291037_convert_20120530203512.jpg

てきとうと言いつつ、けっこう迷います。

ちょっと割高なラベルシールはコラージュだけに使うともったいないので、
裏返しわっかにしたマスキングテープで仮どめしています。

P5301056_convert_20120530203333.jpg

これで再利用可能!せこいけど、大事。

さあ、できたらコンビニへ!カラーコピーだ!

そんなわけで今回は、2種類つくりました。
切抜きや布などの異素材多用小技(?)も使わず、
シールとマスキングテープ、スタンプだけでつくったスピードコラージュ。

P5301057_convert_20120530203728.jpg

シールの段差なんかが、そのまま写し取られているのが、
手作りっぽくて好きです。

P5301058_convert_20120530204210.jpg

2枚につながりを出したいので、
両方に共通のアイテムとして、「NO-」のスタンプと、水玉のマスキングテープを使っています。

私はコラージュのアイデアソースとして、EtsyKolajNotpaperといったサイトが好きでよく眺めています。
taviちゃん編集のRookieも。
いずれも英語のサイトですが、永遠に眺めてしまうくらい楽しいです。
最近はAprile Elcichがお気に入り!かわいすぎる。

他には、高校生のときに買ったAll-American Ads of the 60s(5,000円!よく買ったな、高校生の自分!)も眺めて、
気になるページにはふせんでチェック。

P5301052_convert_20120530204600.jpg

広告全体ではパッとしないものでも、
細かく見ていくと、ぐっとくるパーツがあるので、なかなか使える1冊。

P5301053_convert_20120530204740.jpg

この受話器、使いたい…。
気になったものは、コラージュのときにカラーコピーして使います。

個人的な感想ですが、日本でガーリーなコラージュが一般人レベルにまで広まったのは、
植原亮輔さんの「ピース アンド ピース カレンダー」がきっかけじゃないかなと思います。
大学生のとき、これを見つけて、大興奮して買って帰ったなあ。

これ以降、コラージュにまつわる出版物なんかもたくさん見かけるようになった気がします。
今や日本女子総コラージュアーティスト化現象!
もちろん、好きなアイドルの切抜きを下敷きに挟んでいたその昔から、
みーんなコラージュ心はあったんですがね。

外国なんかだとZINE文化と共に成長したものなんでしょうか。

この話どうなんでしょう。違っていたら、教えてください。

さて、余談はここまで。
せっかくつくったオリジナル便箋。
はやくあの子から手紙が届かないかな。

kaidan_convert_20120530205910.jpg

ご訪問ありがとうございます。
↓読んだしるしに、ご婦人をクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

*昨日はたくさんの人にクリックしていただき、感謝です*
*更新がんばるぞ*

ひと味ちがうモノトーン - カモ井 黒いマスキングテープ

昨日はカラフル、今日はモノトーン。

お気に入りの黒いマスキングテープです。

P5291025_convert_20120529092601.jpg

文具好きと豪語する割には、私はあまりマスキングテープは持っていないのですが、
この3柄セットのマスキングテープはヘビーローテーションです。

壁に何か貼るときにも、手紙の封にも、てきとうDIYにも大活躍。

このmtパック、ものすごーーくかわいいセットなのに、もう生産終了だそう。ざんねん。

さて、そんな中でいちばん気に入っているのが、真っ黒のテープ。

P5291036_convert_20120529093510.jpg

黒というとベーシックなものの象徴であることが多いですが、
マスキングテープに関しては、ひと味ちがうものという印象。

柄のかわいさや透け感が魅力のマスキングテープですが、
マットでインパクトが強い真っ黒のテープは、
ちょっと特別な感じがして、どこでもかっこよく主張してくれます。


壁には図書館の返却リスト。

P5291035_convert_20120529093409.jpg

プチギフトはシンプルにパッケージング。

P5291029_convert_20120529092954.jpg

チェックとナンバリングがかわいい封筒には無地がいちばん!

P5291033_convert_20120529093130.jpg

二つ折りにして貼って、ちょっとした見出しにしてもすてきです。

P5291034_convert_20120529093240.jpg

黒いペンケース黒いえんぴつ黒いクリップ黒いノート…と、
黒い文具には特別な思い入れのある私ですが、
やっぱりここでも黒がキーワードになりました。

サイドのウィッシュリストにも上げているのですが、
今いちばん気になるのが8mm幅の業務用マスキングテープの黒!
きっといろんな場面で、すてきなアクセントになると思います。

想像すると止まらない!

ご訪問ありがとうございます。
↓読んだしるしに、ご婦人をクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

*追記(6/15)*
無事、8mmの業務用マスキングテープを購入したので、
サイドのウィッシュリストからは消しました。
お時間あれば、そちらの記事もご覧ください→6/3記事:黒い業務用マスキングテープ

ああ、なつかしの魔法のステッキ - ロケット色鉛筆 MINI COLOR

これ、正式にはどんな名称なのでしょう?

P5281005_convert_20120528130825.jpg

ボディに替え芯がずらーっと並んでいるロケット色鉛筆。

昭和60年生まれの私は、小さい頃ばりばり現役でこの色鉛筆を使っていました。

そしてこの色鉛筆ともしばらく疎遠になり、
中学校くらいで再び筆箱に入るようになりましたが、
その時すでに「懐かしアイテム」として、あえて持っていた記憶があります。

そこから10年以上経ち、数年前、これを36(サブロ)で見つけたときの興奮!
ひとつでこんなにカラフルな文房具、他にはないのでは。

P5281008_convert_20120528130949.jpg

本体のクリップ部分には、「MINI COLOR」の文字。
そういう名前だったんだ…

P5281009_convert_20120528131051.jpg

なんだか遠い昔からずっと「懐かしアイテム」として存在している不思議な色鉛筆。

同じく懐かしスタンダードなスケッチブックに何か描いてみたくなります。

P5281010_convert_20120528131157.jpg

夢みたいにカラフルで、なんでも描けそうで、
夢見がちな子供だった私は、この色鉛筆に魔法のステッキのようなイメージを持っていました。

もちろん一振りで洗濯物を畳んでくれたり、空を飛んだりする便利な魔法は使えませんが、
自分だけにわかる文房具の魔法は、今でも使えるはずです。

ご訪問ありがとうございます。
↓読んだしるしにご婦人をクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

****

今日も文具じゃないおまけの話。

ずっとやってみたかった、ふきんの煮洗いをやってみました。

P5281001_convert_20120528124845.jpg

使い古しのフライパンにお湯を沸かして、
粉せっけんと酸素系漂白剤を投入。
こういうせっけん類のパッケージって、レトロでかわいい。

どんくさいので、壁には手順メモをぺた。

P5281003_convert_20120528125941.jpg

大学時代、せっかく買ったのに、ほったらかしにしていたfogのリネンクロスをぐつぐつ。

P5281004_convert_20120528125615.jpg

使ってさえいなかったため、タグも茶色(!)になっていましたが、
終わったあとは、ご覧のとおりぴかぴか真っ白!
(なんだか胡散臭い写真ですが、本当に!)

P5281002_convert_20120528125052.jpg 
    ↓
P5281020_convert_20120528125302.jpg

乾けよ乾け!

P5281023_convert_20120528130611.jpg

てきとうDIYシリーズ4 - ファイル・イン・ファイル

ちょっとした分類をするのに、小ぶりの仕切りファイルが必要になりました。

いまどき100円ショップに行けば、十分なものは買えますが、
すでに100円ショップで買った大量のファイルが余っていることを思い出し、
それを生かしてあげることに。
代用できるものはなるべく代用!

というわけで、早くもてきとうDIY第4弾。
日々レベルが下がっていて、DIYと言うのすらはばかられますが、
今日はファイルにファイルを入れるだけの、かんたん仕切りファイルを作ります。

材料はこちら。
以前紹介したセリアのボタンつきクリアケースクリアファイル

P5250949_convert_20120525140941.jpg

どちらもB6サイズです。
(※今日は透明アイテムで写真がわかりにくいので、ギンガムチェックの上で工作。)

まず、クリアファイルの下辺をちょきん!と切ります。

P5250950_convert_20120525141059.jpg

クリアファイルは簡単に切れます。(切り口でけがをしないように気をつけてください。)
今回は2枚カット。

それをボタンつきクリアケースに差し込んで…

P5250948_convert_20120525140659.jpg

見出しの代わりにマスキングテープを貼れば…

P5250951_convert_20120525141210.jpg

これだけで、仕切りのついたクリアファイルの完成です。

P5250952_convert_20120525141321.jpg

簡単…

でも、セリアのクリアファイルも10枚も入っていて、正直そうそうなくならないので、
こんな風に使ってあげるのはいいんじゃないかなと思います。

買うは易し、でも行うも易し。
どんどん手を動かしたら、自分の使い勝手に合ったものがいくらでも生まれる気がします。

最後までありがとうございます。
↓ご婦人をクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村


****

おまけの話。

なぜ仕切りファイルが入用かというと、
図書館でこんな本を見つけて、
家計管理用のファイルが欲しくなったのです。

P5250953_convert_20120525141427.jpg

この手の本には疎いので、よくわからないのですが、
Amazonで見たら、レビューは好評のようですね。

とは言えレビューが何と言おうと、自分に合っているかが問題なのですが、
とりあえずちいさな貯金をはじめるきっかけには、ぴったりの本でした。

というわけで今回、「週ごとに使うお金を事前に入れる」ファイルを作った次第です。
(↑この本で紹介されている内容ではないのですが、自分なりに管理の一環でやってみようと思いました。)

家計簿は、出金だけつぎはぎノートにどんどん書いていく予定。
この3点セットでやってみます。

P5250954_convert_20120525141538.jpg

さて、どうなるか!


てきとうDIYシリーズ3 - コピーでつくる書皮道楽

以前もブックカバーのことを記事にしていますが、
今回は手作り書皮(しょひ=ブックカバー)で遊ぼう、なお話。

ふだんは透明のブックカバーが好きなのですが、
ちょっと見られたくないなあという時には、こんなブックカバーを手作りします。

P5250945_convert_20120525124620.jpg

手作りといっても何をするわけでもなく、
ただお気に入りの洋書や雑誌、フリーペーパーから、好きなページをカラーコピーするだけ。

雑誌をぺらぺらめくって…

P5250939_convert_20120525124746.jpg

すてきなページを見つけたら、そのままコンビニへゴー!

モノクロコピーが気分のときは、近所の100円ショップの5円コピーに走り、
時間があるときは、Kinko'sで好きな紙を選びます。
文庫・新書サイズなら、A4サイズで十分です。

あとは目的の本に合わせながら折るだけです。
私は本を載せて、そのままガイド線などひかず、ダイレクトに折り目をつけていきます。
意外といけます。

今回は、ちょっと前の『装苑』から、
余白がすてきな永遠の少女・大森伃佑子さんのページをコピー。

日本の雑誌なので、日本語のキャプションもがっちり入っていますが、
折り込んでしまえば全然気になりません。

P5250940_convert_20120525124852.jpg

折って折って…

P5250943_convert_20120525125000.jpg

完成!

P5250944_convert_20120525125125.jpg

表面に文字が出るのを避けて折ったら、
微妙な配置になりましたが、それもまた味で私はお気に入りです。

雑誌をそのまま切って作ってもいいのでしょうが、
雑誌の紙は強度的に気になるので、やっぱりコピーが一番です。
意外と長持ちします。

それに写真なんかは、コピーしたほうが粗っぽい画質になって、味が出ます。

もちろん余裕があれば、
いろいろコラージュして作ってもすてきですが、
まずはこんな簡単コピーからオリジナルブックカバーをはじめてみませんか。

最後までありがとうございます。
↓ご婦人をクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

*****

ちなみに、手作りモードのさきがけとして先日作ったてきとうメモ帳は、
今までにない速度でページが消費され、
どんどん新しい紙を追加しています。

文具好きゆえの悩み=「かわいいノートやメモ帳がもったいなくて使えない…」という悩みが、
いいかげんな手製品によって見事解消されました。
中身を抜きさしできるというのも大きなポイントかも。

P5250946_convert_20120525130216.jpg

基本は裏が白いムダ紙を使っていますが、
ときどきトレーシングペーパーや包装紙のあまりなどを挿入すると、
気分も変わってなおよし!です。

これがまたコラージュ本とか参考にして本気で作ると愛着が湧きすぎて使えないので、
やっぱり「てきとう」な塩梅が最重要ポイントですね!きっと!


書くことの日常性 - ぺんてるのトラディオ・プラマン

今日は、書き味も佇まいも文句なし!の日本のペンのお話。
ぺんてるのトラディオ・プラマンです。

P5230927_convert_20120523153118.jpg

プラスチック万年筆で「プラマン」、という名のとおり、
万年筆とサインペンの特性を併せ持った不思議なペン。
たしかに万年筆のようなペン先なのですが、
万年筆に慣れていないと起こる、特有のひっかかりもなく、ほんとうにスムーズ。

万年筆を愛しながらも、「書く」という行為の日常性を大事にしたかったであろう、
開発の意図がよく伝わってくる商品です。

(試行錯誤の物語は、ぺんてるのサイトもどうぞ→ぺんてるライブラリー

そして、ほんとうによく考えられた筆記具なだけあって、
強い文字もさらさらと書く文字も、ほんとうになめらかに線が進みます。

P5230931_convert_20120523153430.jpg

書きやすいペンというと、どうしても太い書き上がりになりがちなのですが、
トラディオ・プラマンは、細い文字もさらっと書けるのが魅力。

そしてこの、昔実家にあったかも…と思うような渋い姿。
とにかくどんなノートともはまる佇まいに惹かれます。

古いはがきを表紙にした100円ショップのファイルにも過去記事あります

P5230932_convert_20120523153634.jpg

かなーり素朴なメモ帳にも過去記事

P5230933_convert_20120523153807.jpg

ガーリーに飾ったモールスキンにも。

P5230934_convert_20120523153946.jpg

全部にぴったり寄り添っています。
もちろん書き心地もあらゆる紙に寄り添っています。

私は、これがまさに正しいペンの姿のような気がしています。

最後までありがとうございます。
↓ご婦人をクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

てきとうDIYシリーズ2 - つぎはぎノート

なぜこんなにDIYづいているかと言うと、
現在風邪でお休み中。
表に出られず、でも動きたくてむずむずしているので、
せめて手を動かして発散!
というわけで今日も手を動かしました。

その名も「つぎはぎノート」。

P5220912_convert_20120522121955.jpg

昨日の「てきとうメモ帳」より、
ちょっとだけ手がかかっていますが、
それに比例していい加減さにも磨きがかかっています。


作り方はこんな感じ。

1. 中に入れたい紙を決めて、好きな枚数を半分に折ります。

2. その折った中紙のサイズに合うように、表紙と裏表紙を作ります。

2-1. 今回も昨日と同じ、あまっている蝋引きの袋をカット!カット!カット!

P5220902_convert_20120522121228.jpg

もちろん好きな紙やパッケージを使って作ってください。

2-2. マスキングテープでも何でもいいので、中紙サイズに合わせてつぎはぎします。

P5220903_convert_20120522121113.jpg P5220904_convert_20120522121341.jpg

蝋引きの紙の場合、裏側にもマスキングテープを貼ると、透けてかわいい!

2-3. 表紙と裏表紙をくっつけます。(すでに表紙と裏表紙が1枚になっていれば、この工程はカット)

P5220909_convert_20120522121603.jpg

裏も表もこんな感じにつぎはぎ状態。

3. 1で折った紙を乗せて、真ん中をリボンで束ねます。

P5220908_convert_20120522121712.jpg

4. きゅっとむすんだら完成!

P5220913_convert_20120522121849.jpg

リボンはきっちりきつめに結んであげてください。

ちなみに私はマスキングテープでぺたぺたつないで、
1か所だけギンガムチェックの自家製クロステープを貼りました。

P5220919_convert_20120522122115.jpg

下の方、袋の底感がすごい…

このタイプのノートは、上下左右裏表、好きな面を表紙に持ってこられるし、
昨日のてきとうメモ帳同様、中の紙の抜き差しも自由!

やっぱり家にあるもので作ったので、おねだん0円。

目分量でサイズを合わせて、袋の折り目に沿って切っているので、
定規も使わず、所要時間5分くらいです。
のりも使っていないので、べたべたしなくてストレスフリー!

P5220918_convert_20120522122228.jpg

ぐつぐつ作った生姜大量投入のチャイを飲みながら、
このつぎはぎノートに、頭の中のつぎはぎのアイデアでも書こうかな。

最後までありがとうございます。
下記クリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村


*******

文具じゃないおまけの話。

手作り熱冷めやらず、ミニミニ裁縫をしました。

以前、IKEAで見つけたKRAMA(クラーマ)ハンドタオル

krama-handotaoru__12404_PE090073_S4_convert_20120522124108.jpg

色違いのループが付いたハンドタオルが10枚349円!と、ときめいたのですが、
10枚も要らないなあ…と思い、購入は断念。

でも白いタオルにカラフルなループという組み合わせが忘れられず、
家にあったオーガニックモスリンクロスを引っ張り出し…

P5220899_convert_20120522120519.jpg

青いリボンを縫い付けました。

P5220898_convert_20120522120355.jpg

これでよし!

P5220900_convert_20120522120712.jpg

以上、おまけの話でした。

てきとうDIYシリーズ1 - てきとうメモ帳

最近、インテリアも雑貨もナチュラルっぽいもの(?)に惹かれます。
ここでかわいいナチュラルものの雑貨店に行って文具を買ってきてもいいのですが、
せっかく片づけをして部屋がすっきりとしたので、
新しいものを買うのではなく、自分で作ってみました。

その名も「てきとうメモ帳」です。

P5210891_convert_20120521113035.jpg

作り方というほどのことはなく、

1. 好きな量の紙を好きな大きさにカット
2. 好きな紙袋や箱などを1の紙と同じくらいの大きさに2枚カット(表紙&裏表紙)
3. クリップで留めて…
4. 裂き布でおめかし

以上です。

私はそのへんにあった紙を本当にてきとうにカットしたので、
こんなふうに縁もバラバラです。

P5210890_convert_20120521112912.jpg

表紙は蝋引きの袋を切って作りました。
飾りはリボンやレースでもかわいいですが、
素朴な感じを出したかったので、今回は裂き布。

ちょっとしたポイントがあるとすれば、
この台湾製のクリップ。

P5210888_convert_20120521112525.jpg

裏表紙側にした、こちら↑面がフラットなので、
裏がふくらまず、筆記時のストレスがありません。

P5210889_convert_20120521112655.jpg

でも実際は「てきとうメモ帳」なので、
ダブルクリップでもなんでもいいと思います!

ホチキスで留めるのではなく、
クリップやパンチ穴+リングなどで作ったほうが、
簡単に1枚抜き取ったり、追加ができておすすめです。

製作時間3分。
材料はすべてそのへんにあったものなので、新規の投資も0円。
でもけっこうお気に入り。
電話の横のメモにしたり、冷蔵庫のマグネットフックに下げてお買い物リストを書いたり、
日常の何気ない場面でこのラフさがはまる!

てきとうDIYシリーズと銘打って、
ときどきこんなものを作っていきたいと思います。

最後までありがとうございます。
応援クリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

小さな旅人 - 月光荘の右手クリップ、2ヶ所留めクリップ、WEDOのカラフルクリップ

先日のクラフト紙の記事で、部屋の掃除&模様替え中とこぼしましたが、
絶望的に汚れていた部屋も無事片付き、
埋もれていたすてきな文具もたくさん出てきました。
乱雑に置いていたこと、ほんとうに申し訳ないです。

あれこれ紹介したいものがたくさんなので、
徐々に記事にしていけたらいいなと思います。

さて、今日はそのうち出てくる出てくる小さい文具、クリップです。

P5160861_convert_20120518203357.jpg

前回の記事もクリップでしたが、今日もまた違った魅力のものたち。
ひとくちにクリップと言ってもいろいろです。

手の形をしているこれは、銀座・月光荘画材店の右手クリップ。

P5160862_convert_20120518203544.jpg

ずっしりくる重みと固さ、染みるような色合い。
おどけているのに味わい深いです。

P5160865_convert_20120518204300.jpg

こんなふうに紙を留めると、
ただの紙がなんだかすてきなメモ帳になります。
ずっとずっと大切にしたいクリップです。
36(サブロ)や山田文具店恵文社などで買えます。

銀色のクリップはこんなふうに、
ベースの紙(やファイルなど)に+αで紙を留めることができます。

P5160863_convert_20120518203740.jpg

うーむ、アイデア。

残念ながら、どこで買ったのかは忘れてしまいました…。
なんとかお店をと思ったのですが、
なんて検索すればいいのかすら分かりません。
どなたか見つけられましたら、教えてください。

そして、カラフルなプラスチックのクリップ。

P5160864_convert_20120518204112.jpg

丸いケースに入っているものも、大きい黒いものも、
WEDOというドイツの文具メーカーのもので、
購入したのはscosです。

小さい方のクリップは、もの自体に少し厚みがあるため、
はさんだ紙が波打って、ちょっと跡が残ってしまいます。
なので、傷んでもOKの自分用資料などを留めます。

カラフルなので資料の種類ごとに色を分けても!
とは言え、私はそういうマメなことが出来ないので、気分で好きな色を選びます。
駄菓子屋にある女の子のおもちゃみたいな、チープな感じがまたかわいい!

大きい黒のクリップは、がっちり留められるので、
厚めの資料にぴったりです。

ぴったりです、とか生意気に言っていますが、
これもしばらく私の部屋で眠っていた文具たち。
反省です。

クリップは、付けたまま他人の手に渡って、それがまた別の人のところに行ったり、
ちょっとしたすきまに落ちてしまったり、
あちこち旅をする宿命のような気がします。

これからはそんな小さな旅人を埋もれさせないで、
大事に、でも毎日積極的に!使っていこうと思います。

最後までありがとうございます。
下記クリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村


実直なかわいさ - ライオン事務機のビッグバインダークリップ

よく考えてデザインされたかわいい文具は大好きですが、
ときに機能追求型の道具的な文具の中に、
ツボにはまるかわいさを秘めたものもあります。
このクリップもそう。
オフィス文具の老舗・ライオン事務機のビッグバインダークリップです。

P5160854_convert_20120517142301.jpg

日本ではダブルクリップの名称でおなじみですね。
どこで買ったかは忘れてしまったのですが、
楽天でお店を見つけました。→リンクはこちら

これ、横幅が約10cmととってもビッグです。
とにかくサイズが大きい。
しいて言えばそれだけがこのクリップの特徴なのですが、
私はどうしてもこの姿に惚れ惚れしてしまいます。

P5160855_convert_20120517142429.jpg

ボディに書かれた「LION No.15510 BINDERCLIP」の文字!
シンプルでひかえめでレトロでキュート!
そもそもライオン事務機の「LION」というシンボルマーク自体がレトロで大好きです。

logo_img_01.png

もちろんこのクリップの大きいサイズ感にもときめきます。
一般サイズと違うだけで、なぜこんなにわくわくするんだろう…
(極小ダブルクリップも大好きです。)

使い方は、バラの紙をまとめて即席ノートにしたり、

P5160859_convert_20120517142632.jpg

ちょっと本やノートを開いておくのに使っても。
(紙はちょっと傷むので、跡が残ってもいい本限定です。)

P5160858_convert_20120517142530.jpg

半端のお菓子や調味料の袋をとじるのにもいいですね。
シンプルな文具は家中で活躍します。

毎日がんがん使ってちょっとくたびれさせてもまたかわいいなあ。

冒頭に、よく考えてデザインされたかわいい文具…と書きましたが、
そもそもこういう「道具」こそ正にデザインされている商品であることを思い出させられました。
大好きだ!まじめなクリップ!

最後までありがとうございます。
下記クリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村


ビッグふせんをノート代わりに - Post-it(ポストイット)の方眼入りノート

手形ふせん、透明ふせんと来て、今日も新たなふせんのお話。
(ふせんの記事はこちら

ポストイットの方眼入りふせんです。

P5160874_convert_20120516105729.jpg

こちら、購入したのはアメリカのSTAPLES(ステープルス)です。
50枚綴りのふせんが2セット入っています。
お値段はちょっと忘れてしまいましたが、3~4ドルくらいだったと思います。
サイズは101mm×152mmとなかなかビッグ!

P5160875_convert_20120516105917.jpg

日本でもイエローの方眼入り、罫線入りは人気ですね!
でも白は国内のネットなどでは見つけられませんでした。

黄色もかわいいですが、
このけっこう青みの強い白と青い線の組み合わせがなんともすてきで、
白も日本で発売にならないかなと、ひそかに心待ちにしています。

P5160876_convert_20120516110017.jpg

さて、このふせん、ビジネスマン的には、「チャートが描ける!」「ToDoリストが作りやすい!」みたいなメリットもあるのかも知れませんが、
私はToDoリストなんかは、透明ふせんを使っているので、
実際はもう「ふせん的ふせん」(?)は必要ないというのが現実…

でも実はこのふせん、けっこう意味があるのです!

ふせんのいいところは、製本してあるノートと違って、
好きな枚数だけ持ち歩けるところ。

なので、荷物を軽量化したいけど、書くものは持っていたい…
というようなときに、これくらい大判のふせんを数枚ぺりっとはがして、かばんに入れておけば、
まだ白いページがいっぱいのノートを持ち歩くより、断然荷物が軽くなります。

私は、今日は買い物をして荷物が増える予定…とか、
友達と近所で会っておしゃべりするだけ…とか、
仕事中、買い出しでちょっとだけ外出する…とか、
日ごろ意外と「ノートいるか?」な場面があります。
でも一応書くものは持っていたい…

そういうとき、このふせんを5枚くらい持っていきます。
そのままでは持ち歩けないので、
こんなふうに、A6のクリアファイルを活用しています。
(クリアファイルの過去記事はこちら

P5160877_convert_20120516110125.jpg

表には1枚貼っておき、すぐ書けるように。
残りのストックを適当な台紙(私はA5のクラフト紙を折っているだけです。ポストカードなんかでもかわいい!)に貼って、
ファイルの中にしまっています。
これだけで即席ノートの完成!

P5160879_convert_20120516110225.jpg

あとは、書いたふせんは普段使いのノートに貼れば完了です。

今どき、スマホでも何でもメモを取るものはありますが、
どうしても「書く紙は持っていたい…」という私のような人がいたら、
この技、ぜひ使ってみてください。


最後までありがとうございます。
下記クリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村


定番の一品 - etranger di costarica(エトランジェ・ディ・コスタリカ)のクラフト紙レターセット

クラフト紙の質感が大好きです。
ペンによってはちょっとひっかかるような、
ざっくりとした味わいが好きで、
クラフト紙ものについつい惹かれてしまいます。

そんな私の定番クラフトアイテムはこちらです。

P5140842_convert_20120514160657.jpg

etranger di costarica(エトランジェ・ディ・コスタリカ)のクラフト紙レターセットです。
A5サイズの便箋50枚と洋2封筒25枚のセット。定価399円です。

P5140843_convert_20120514160955.jpg

罫線もマークもない、本当にシンプルなレターセット。
この完全に無地というのが意外になく、
これを見つけたときは、とてもうれしかったなあ。

紙質も程よいざらつきとコシがあり、
でもなかなか上品な雰囲気で理想のクラフト紙です。

P5140845_convert_20120514161123.jpg

クラフト紙は、紙自体に雰囲気があるので、
シンプルに文字だけでお手紙を書いても、
なにかコラージュをしてもしっくりとはまります。

etranger di costaricaは田舎の文具屋でも見つかるような、
とってもメジャーな日本の文具メーカー。
変にこだわった文具マニア(?)としては、ちょっと見落としがちな存在だったのですが、あなどれません。

もちろん手紙もいっぱい書きますが、
最近は、自宅のデスクにぽんと置いておいて、
便箋をメモ帳がわりにがんがん使っています。

A5くらいのサイズって、本当にちょうどいいです。
今、部屋の大掃除&模様替えを計画しているので、
そのアイデアやショッピングリストをどんどん書いて、
ホチキスでサイドを2箇所綴じして持ち歩いています。

P5140846_convert_20120514161250.jpg

当然、表紙も何もないただの紙の束なので、
4つ折りにしてポケットにポン!という気楽さが最高。
お店でポケットからひょいと出せるのがうれしいです。

ちなみにお店なんかでメモをすぐ見たいときは、
コーナー1箇所綴じより、2箇所綴じのほうが、断然見やすい!

もともとポケットサイズのメモ帳だと、
大きい面積にあれやこれや書く自由がないので、
たまにこういう技を使います。
簡単にページの追加もできる!

もちろん割高な便箋を使う必要はないので、
チラシの裏でも印刷ミスの紙の裏でもいいのですが、
大きめの紙に書く自由度と、ポケットにも入れられる携帯性というのは、
こういうオリジナルじゃないとなかなか両立しないですね。

あとは壁にソフトバンクホークスの首都圏試合日程を書いて貼っています。

P5140848_convert_20120514161536.jpg

クラフト紙だと、無造作でもちょっとは雰囲気が出るかな…

しかし乱発しているので、便箋の減る速度はすごい…

クラフト紙の持つナチュラルなのに特別な雰囲気。
自分の定番の素材を大切にしたいです。

最後までありがとうございます。
下記クリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村


生まれてはじめての文房具 - Baby Color(ベビーコロール)

今度、学生時代の友人の赤ちゃんに会いに、お宅にお邪魔します。
そのとき渡す赤ちゃんへのお土産にこんなものを準備しました。

P5140852_convert_20120514171354.jpg

Baby Color(ベビーコロール)という子供むけのクレヨンです。

赤ちゃんと言ってもその子はもう1歳ちょっと。
おもちゃやガラガラなどいろいろ探していて、
何がいいかわからなくなったときに、
私の文具好きのアンテナが見つけてくれました。

こんな風にひとつひとつ球体と円錐がくっついたような形をしています。

P5140849_convert_20120514165826.jpg

描くときは、球体の部分を持って描きます。

また、クレヨンとして使うのは、もちろんのこと、
積み木のように積み上げて遊ぶこともできるそうです。
これなら、お絵かきにはまだ早いお子さんにも遊んでもらえます。

もちろん安全性はお墨付き。
なめても安心のAPマーク(無毒マーク)取得です。

P5140853_convert_20120514170857.jpg

Amazonなどでも取り扱いがあり、
お値段も1000円ちょっととお手ごろです。
セット数など、バリエーションもいくつかあります。

渡す赤ちゃんは、これが生まれて初めての文房具になるのでしょうか。
ちょっとどきどきします。

最後までありがとうございます。
下記クリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村



オリジナルのふせんファイルを作る - ダイソーのソフトカードケース(ダブルタイプ)

先日記事にしたばかりの透明ふせんの持ち歩き方法ですが、
さっそく変化が!
今はこんなファイルで持ち歩いています。

P5100836_convert_20120510093048.jpg

ちょうどサイズの合った古いはがきを表紙にしました。

使ったのは、ダイソーのB7ソフトカードケース(ダブルタイプ)。
2枚セットで105円です。

P5100838_convert_20120510093709.jpg

たまたまダイソーで見つけたのですが、どこのものでもOKです。
こんな風に2つのカードケースが見開きになっています。

P5100839_convert_20120510093822.jpg

中身はと言うと、こんな風にしています。

P5100837_convert_20120510093548.jpg

左側はToDoリスト(ケースにふせんを直接貼っています)、
右側はストックの透明ふせんを台紙ごとしまっています。
アクションを減らすなら、ストックのふせんも台紙からはがして、
カードケースに直接貼り付けてもいいですね!
透明ふせんなら、簡単にはがれることもありません。

さて、左側ですが、古いはがきなので、裏にはびっしりと文字が。
このままでも気にならなければいいのですが、
さすがにチカチカするので、同じサイズに切った無地紙をはさんでいます。

P5100841_convert_20120510094057.jpg

もちろん裏に何も書いていないポストカードや画用紙を使ってもいいと思います。

カードケースに直接ふせんを貼るというのは、とっても便利なんですが、
今まで使っていた1面タイプでは、運ぶ際にはがれてしまう可能性があるのでしていませんでした。
つまりわざわざふせん持ち運びを考えた意味がない…
でも見開きタイプなら問題なし。

いつのまにか、「ふせんを持ち運ぶためのファイルを探す」というところから、
「オリジナルのふせんファイルを作る」という発想転換に至っていました。

たぶんこの先、買物リストとか、ちょっとした切抜きとかを、
このファイルにはさんだり、クリップで留めたりして、
この透明ふせんファイルが、私の思考の通り道になる気がします。

最後までありがとうございます。
下記クリックしていただけるとうれしいです。更新がんばります。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村


カラフルなのにシック! - イタリア Campo Marzio Design(カンポマルツィオデザイン)のメモ帳

小さいノート(メモ)の紹介を何度か(過去記事その1その2)していますが、
今日もイタリア発のすてきなメモ帳の紹介です。

P5100830_convert_20120510081420.jpg

手のひらサイズのこのメモ帳。
一見、シンプルな特徴のないメモですが、
横から見ると、ほら!

P5100833_convert_20120510081618.jpg

中の紙の色が、絶妙な組み合わせ!
作ったのは、イタリアのCampo Marzio Design(カンポマルツィオデザイン)というメーカーです。

私は大好きなターコイズブルーとさわやかなピンクの組み合わせを選びましたが、
こんなにいろいろなパターンがあります。

campo+marzio+design+notes_convert_20120510082553.jpg

(画像はサイトよりお借りしました。)

BLUE(紺とからし色の組み合わせ)もノーブルですてきだなあ。
1冊189円。これ以上求めるものはありません。

サイズはBlackBerryと同じくらい。まさに手のひらサイズ。

P5100835_convert_20120510081831.jpg

「notes」の文字が光っていたり、
中の無地紙がほどよくどんなペンも受け入れたり、
さりげないセンスにいちいち感動します。
カラフルなのに、シックです。
とってもおしゃれですが、普段使いにぴったり。

P5100834_convert_20120510081720.jpg

こちらはSサイズですが、A6より少し大きめのMサイズもあります。
同じくすてきなカラーリングなので、
ぜひこちらも使いたい…

直営店は六本木ヒルズにありますが、楽天にもお店がありました。

ぜひ、手のひらサイズの上質なセンスを感じてみてください。

最後までありがとうございます。
下記クリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村


紙もの分類&保管なら - セリアのボタンつきクリアケース

どうしよう…またセリアです。(過去記事→クリアファイルカードケース
デザインを狙ったものはなかなか好みが合わない100円ショップですが、
シンプルな文房具系はお気に入りのものが見つかります。
特にファイル系はとても充実していると思います。

P5090829_convert_20120509125309.jpg

そんなわけで、今回ご紹介するのは、
この2枚セットのクリアケース。
ポストカードがらくらく入るくらいのサイズで、
縦型と横型が1枚ずつセットになっています。

私はこれをもらった手紙入れにしています。

P5090823_convert_20120509125438.jpg

横型のほうが、海外の人とやりとりをしているポストカードで(Postcrossingというプロジェクトで遊んでいます)、
縦型のほうが、お友達とやりとりをしている封書が入っています。

手紙の保存方法っていろいろあるかと思いますが、
私は凝りに凝った大きいサイズの手紙をもらうこともないので、
このポストカードが入る程度のケースでじゅうぶんです。

これはまちもついていて、封書でもゆうゆう10通は入るかと思います。

P5090828_convert_20120509125749.jpg

10通って少ないと感じるかもしれませんが、
大量の手紙をひとつのファイルにまとめると、
どこに誰の手紙が入っているかわからなくなるので、
個人的には「ファイルは細切れに分けて、保管場所は1箇所にまとめる」というのがちょうどいいです。

分け方はそれぞれですが、
◆○年○月~分
◆○○ちゃんからもらった分
など、ラベルを貼って分けるのがいいかなと思います。

また、手紙はけっこう厚みがあるので、
2辺綴じのクリアファイルタイプだと、ふとした拍子に中身がするする落ちてしまうこともあるので、
今回のようにボタン付きかジッパー付きが断然おすすめ!

今回は、手紙収納でお話しましたが、
もちろん請求書や領収書の分類にもぴったりです!

いま私はシールとポストカードをアルバムに入れて分類しているのですが、
それらもこのファイルに移行しようかなーと思案中です。
アルバムは、閲覧性は高いのですが、
あんまり閲覧しないことに気づきました。ああ。

紙もの分類はむずかしい!

↓セリアファンならこちら!↓
にほんブログ村
トラコミュ
100円shop*セリア(seria)


最後までありがとうございます。
下記クリックしていただけるとうれしいです。更新がんばります。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

強さと美しさ - Clairefontaine(クレールフォンテーヌ)のKOVER BOOK(カバーブック)

最近、クレールフォンテーヌでお気に入りのノートがあります。
それがこちら、カバーブックです。

P5070815_convert_20120508001548.jpg

表紙のラベルに描いてあるように、
表紙と裏表紙の内側にファイルポケットが付いています。

P5070817_convert_20120508001747.jpg

一般的なクリアファイルのように2辺が綴じられたタイプのファイルですが、
素材はうすーいです。
でもポリプロピレンの表紙がとってもしっかりしているので、
うすいファイルでも問題なし。
ぼんぼん紙を入れていけます。

この表紙のしっかり具合がすばらしい!
私、過去にも何度か雨やウエットティッシュなどで表紙から中身までへろへろにした経験があるので、この強さ、助かります。

中は罫線タイプと方眼タイプがあります。
私は3冊とも方眼タイプで、緑と青は方眼が表紙から透けていますが、
クリア(白)の表紙だけ、1ページ目に無地紙が綴じられていて、表からは方眼がわかりません。

色のラインナップも豊富なので、お好きな色を見つけてください!

私は、ちょっとしたメモはふせんに書くし、
支払い関係などの紙類はセリアのクリアファイルにはさんで持ち歩くので、
あまりこのカバーブックのファイルに実用性はないのですが、
好きな紙ものをはさめる!というのがとってもうれしいです。

直接貼ってコラージュするのと違って、
簡単に中身を変えられるのがうれしい。

P5070821_convert_20120508002226.jpg

白にはTheatrePRODUCTSから来たすてきなDMをしまって、
緑には、シカゴ現代美術館のミュージアムショップで買った謎のマスタッシュ付きカードをはさんでいます。
かなり無造作ですが。

P5070822_convert_20120508002059.jpg

もちろん、私のように非実用的な使い方ではなく、
直近使う書類やその月のカレンダーなんかをはさんでおくのもいいですね。

ちなみに外国製のノートやファイルって、表紙ラベルが付いていますが、
私はデザインの好みで貼ったままにしたり、はがしたりします。
カバーブックのラベルは簡単にはがせますよ!

P5070819_convert_20120508003704.jpg

サイズは18.5cm×22.6cmと十分なサイズ感ですし、
表紙もしっかりしているので、ビジネスの場面でばっちりメインのノートになると思います。
学生さんなら教科別のノートにぴったり。

表も裏も、ロゴがすてき!

P5070820_convert_20120508002420.jpg

P5070818_convert_20120508002748.jpg

こんなにきれいな色とすてきなデザインなのに、とってもタフ。
すばらしいデザインと耐久性を誇るカバーブックをぜひ主役ノートにしてみてください。

最後までありがとうございます。
下記クリックしていただけるとうれしいです。更新がんばります。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村


透明ふせんの持ち歩き方法 - セリアのソフトカードケース

以前紹介した、私が溺愛する透明ふせん→過去記事1過去記事2

P4070500_convert_20120407204228.jpg

こちら、プラスチックの台紙の上にふせんが並んでいるのですが、
ふせんをガードするフタ(表紙?)がついていないので、
どうやって持ち運ぶのがいいのか?というのが、ユーザーの課題のひとつのようでした。

手帳のポケットにはさんだり、本と持ち歩くときはしおり本の内側に貼るというので、
とりあえずは何とかなりますが、
もうひといきどうにか!と考え、
単独で持ち歩くときには、B7のカードケースに入れることにしています。
こんな風に。

P5070813_convert_20120507092109.jpg

のりのついている側からスライドさせれば、
ふせんがはがれず、ストレスなく出し入れ可能です。

こういったカードケースは硬質と軟質とありますが、
しおりのプラ台紙自体がしっかりしているので、軟質タイプで問題なしです。
むしろ軟質タイプの方が、口の開閉が大きくできて、ストレスフリー!

どこのメーカーのものでもいいですが、
私は、セリアのソフトカードケースを使っています。2枚セットです。

P5070814_convert_20120507092347.jpg

仕事の場面でも使いたいので、シンプルに使っていますが、
プライベートオンリーなら、シールなどでかわいく飾ってもいいですね。

もし透明ふせんをToDoリストなんかに使っている方がいたら、
ふせんを貼ったメモを一緒にケースに入れて持ち歩くというのもありですね!

とりあえず…ですが、これで透明ふせんをかばんにぽいっと放り込んで持ち歩けます。

透明ふせんの持ち歩き、何かいいアイデアがあればぜひ教えてください。

最後までありがとうございます。
下記クリックしていただけるとうれしいです。更新がんばります。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

わくわくを買う - 切手の博物館

目白にある切手の博物館をご存知でしょうか。
お手紙好きには有名ですかね。

P4240750_convert_20120425184743.jpg

私もなんとなく知ってはいながら、行ったことがなかったので、
少し前に、特別展示の愛の切手展を見に行きました。
ハート!赤!LOVE!と小さい面積いっぱいに愛があふれる、世界各国の切手たち。
どの国も、どうしても隠せないその国特有の世界観を小さな紙の上ににじませています。

かわいすぎる!!
ものすごい数のあまりにかわいいものをいっぺんに見ると、
もはやあせりさえ感じてきます。

そしてそんなかわいさ爆発の展示を見ながらも気になるのは、スーベニア・コーナー。
どこに行っても物欲にはかないません。
以前、東京芸大美術館の記事で、展示の説明一切なしで、
クロッキー帳の紹介だけした自分がここにいます。

各国のいじらしいほどにかわいく、センスが凝縮された切手群から、
予算に合う分だけなんとか買って帰りました。

P4240749_convert_20120425184558.jpg

このバラの切手たち!

P4240755_convert_20120425185313.jpg

手前のベトナムのバラ切手は、日本のものとは全然違う軽くて素朴な紙質にもうっとり。

そして、ブータンのロイヤルウエディング記念切手…。

P4240753_convert_20120425184953.jpg

エンボス加工がなされた、立派なシート型です。
ゆるい休日用ヘアスタイルで子供たちと何かを見つめる国王。
何に使うのか自分でもわかりません。

どれもこれも「手紙を送る」という本来の実用性としての価値はありませんが、
それよりシールやポストカードを集めるように、
「これでどんなものを作ろう!」というわくわくを買っている気がします。

スーベニア・コーナーは入館料がかかるエリアにあるのですが、
もうひとつミュージアム・ショップのほうは、入館料無料エリアにあるので、気軽に入れます。

スーベニア・コーナーは、ミュージアムグッズや世界の切手&郵便グッズが置いてあり、
ミュージアム・ショップは、輸入ものの新発行切手や日本の切手などを6万種以上取り扱い。
目移りして気が遠くなりました…。

P4240754_convert_20120425185203.jpg

とはいえ、せっかく行くならどちらもぜひ!
入館料は大人200円の良心価格で、毎月23日(ふみの日)は、入館料が無料です!

新緑の季節に目白周辺をぷらぷらしながら、
小さい戦利品を持って帰ってください。

最後までありがとうございます。
下記クリックしていただけるとうれしいです。更新がんばります。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村


送った手紙2 - 手紙記録シリーズ &10年メモ

ゴールデンウィーク明けに誕生日を迎える友達が地元にいるので、
帰省の際に会って、プレゼントを渡そうと思っています。
今日はそのときに添えるこんな手紙のお話。

P5010807_convert_20120501121718.jpg

前回紹介したセリアのクリアファイルで作った手紙です。
ふつうのメッセージカードとちょっと違ったものを渡したくて、
クリアファイルを封筒代わりにしました。

クリアファイルは前回の記事で紹介しましたが、
10枚入り105円の代物。
下手したら紙の封筒より安い!

というわけで今回の手紙はこちら↓↓

◆セリアのクリアファイルA6サイズ
7 days cardsのバラ柄ポストカード
◆銀色のうさぎモチーフ(スパイラルで購入)
◆金色の星シール
◆ドット柄mt(マスキングテープ)で封

金・銀&ラッキーモチーフのうさぎ・バラ・星と、
誕生日ならではのめでたい感じに仕上げました。
うさぎモチーフはファイルの中に入れて、星シールはファイルの外に貼ることで、
何層にも重なる感じを出しています。
こういう微妙な動きとか立体感を出すのが好きです。

記事を書くにあたって、いろいろと調べていたら、
今はこんな商品があることが判明→ファイルDEメール
クリアファイルを封筒にして、
もらった方にはファイルを再利用してもらおう!というコンセプト。
ディズニーじゃない何かがあればなあ…

この商品とちがって、お手製ファイル封筒は、
再利用を目的とはしていないので、
シールやらなにやら、あれこれかわいく飾ってしまいましょう。
もちろん気に入って使ってもらえたらうれしいですけどね!

私は中に入れたものを透かせたり、
自分でいろいろコラージュしたりしたいので、
シンプルなクリアファイルを使っていますが、
もともと柄の入ったクリアファイルを使ってもきっとかわいい!

もちろんこのまま郵送してもいいですね。
切手がはがれないように、大きめのラベルシールを貼って、
宛名&切手を収めるといいと思います。

ちなみに、友人にこの手紙を添えて渡すプレゼントは、
nuの10年メモです。
(写真はサイトよりお借りしました。)

10nen_main_convert_20120501131914.jpg

たった1年でも、笑いと謎の縁に飲まれる激動の日々を送っている友人なので、
10年分たまったらたいへんなことになるのではと期待し、贈ります。

10nen_sub01_convert_20120501131937.jpg

こんな感じで、1ページに同日のメモ欄が10年分。
去年の今日、3年前の今日、5年前の今日…自分がどこにいて、
何をしていたのか、いちどに見られます。

私も10年以上日記をつけているので、
読み返すと過去の自分の不思議(と恥ずかしさ!)に身悶えます。
この10年メモも、文具好きのみなさんにはおすすめです。

プレゼント、喜んでもらえるといいなあ!

最後までありがとうございます。
下記クリックしていただけるとうれしいです。更新がんばります。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

↓100均アイテムを使ったアイデアなら!
にほんブログ村
トラコミュ
100円ショップ L O V E

小さいファイルの活用 - セリアのクリアファイル

100円ショップ専門ブログのつもりはないのに、
意外と記事出現率が高いセリア
今回は、クリアファイルのご紹介です。

P5010810_convert_20120501122537.jpg

一般的な2辺綴じのファイルで、10枚入り105円。
10枚入りってありがたい!
けっこういろいろなサイズがあります。
(すみません。フルラインで何サイズあるのかわからないのですが、
一般的な用紙サイズはもちろん準備があります。)

私は少し小さめのA6、B6を愛用しています。
けっこう便利なサイズなのに、
意外とこれくらいのサイズのクリアファイルって文具屋で見つけにくい!

文具屋で売っているものは、カラーや文字がデザインされていることが多いので、
シンプルなものを求めると100円ショップになってしまいます。

この小さめクリアファイル、
ポストカードやシールの保管・分類に使うのはもちろんですが、
かばんに入れておいて、内ポケットくらいのイメージで使うのにひじょうに向いています。

たとえば、公共料金の振込み用紙やチケットを入れておくのにぴったり。
かばんのポケットやふた付きのケースに入れてもいいんですが、
かばんのポケットだと、紙が折れやすいし、
ふた付きケースだとさっと出せないので、
意外とこのタイプのクリアファイルがしっくり来ます。
(私はよくレジでは振り込み用紙が出せず、
受付ではチケットが出せず、ものすごくあせっていたので!トロい!)

P5010812_convert_20120501122731.jpg

ふつうにかばんに入れておく限りは、
ふた無しでもそうそう中に入れたものが出ることはないです。
チケットなんかを入れておくのにはB6くらいがちょうど合います。

他には封筒代わりに使ったり!
このアイデアはまたあとで記事に書きたいと思います。
(たいしたものではないですが。)

↓100均ブログならこちら↓
にほんブログ村
トラコミュ
100円ショップ L O V E


最後までありがとうございます。
下記クリックしていただけるとうれしいです。更新がんばります。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。