ノート

究極の再利用 - CHARKHA(チャルカ) 百科事典ノート「K」

文具好きの宿命で、「もったいなくて使えない」シロモノはたくさんありますが、これもそのひとつ。

P7020255_convert_20120702150403.jpg

人気雑貨店CHARKHA(チャルカ)のオリジナルノートです。

約10cm×20cmという縦長なフォルムが心をくすぐるこのノート、
チェコの子供用百科事典『Detska Encyklopedie』のページがそのまま表紙になっています。

P7020257_convert_20120702150952.jpg

表紙を開いた内側にも並ぶ、ウラジミール・フカのイラストが、もうたまらなくかわいい!

P7020258_convert_20120702151915.jpg

中の紙は無地で、製本はシンプルに中綴じ。
かわいい表紙が引き立ちます。

百科事典は1960年代~80年代の古いものを使っているので、黄色くくすんだ色合いなのですが、それがまたなつかしいようなすてきな風合い。

P7020259_convert_20120702152040.jpg

各アルファベットのラインナップがありますが、
私は、自分のイニシャルのKを。

P7020261_convert_20120702152158.jpg

こんなかわいい再利用、この世にあるのか!というくらい、何もかもがすてきで、何度見てもときめきます。

なのに残念ながら今はどこも品切れ!

もったいなくて使えないので、お願いだからまた作って!と祈るばかりです。

↓文具ブログはこちら↓
にほんブログ村
トラコミュ
ステーショナリー

*いつも見てくださってありがとうございます*
↓1クリックが励みです。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
スポンサーサイト

私のレシピチヨウ - 一ツ橋ノート ラッキーグロリアノート

お気に入りのバインダーノートがあります。

P6290239_convert_20120629134924.jpg

金ぴかのライオンの紋章がレトロで重厚な、一ツ橋ノートのラッキーグロリアノートです。

サイズはB5サイズ。

P6290241_convert_20120629135132.jpg

中には「曜」の略字が渋すぎるスケジュールページと、横罫のルーズリーフ、カラー見出しがセットされています。

P6290242_convert_20120629135305.jpg

バインダーの開閉はスライド式で、レトロな風情ながらスリムな作り。

私は、数年前に36(サブロ)で買いましたが、どうもネットではあちこち品切れ中のようです。

一ツ橋ノートという会社自体、「東京都北区にある老舗文具メーカー」以上のことがいまいちわかりません。(どなたかご存知でしたら教えてください!)
そして「ラッキーグロリアノート」というものすごいネーミング…。
異様にミステリアスです。

そんな不思議なラッキーグロリアノート。
私は、このノートをレシピ帳として使っています。

P6290247_convert_20120629140139.jpg

私のような、毎回レシピを引っ張り出して作るタイプの人間のレシピノートは、ルーズリーフ型が便利。

レシピは必ず片面だけに書いて、作るときは1枚抜き取って、壁に貼って確認しながら作ります。

P6290244_convert_20120629135756.jpg

今はネットでレシピを探すことも多いですが、狭いキッチンでスマートフォンを置いておくのも心配だし、パソコンのある場所と行ったり来たりしながら作るのも面倒なので、やっぱり紙に書き起こすのが一番!

P6290243_convert_20120629135436.jpg

日々増えていくレシピを種類ごとに分類しなおすのにも、ルーズリーフは向いていると思います。

ラッキーグロリアノートは、カラー見出しも付いているので、ダイモで見出しを作って分類。

P6290245_convert_20120629135944.jpg

ダイモのカタカナは、このノートのレトロな雰囲気にもぴったり。
このノート、おしゃれに英語のハンコで…というより、どうしてもとことんクラシックな雰囲気に作り込みたくなります。

ちなみにラッキーグロリアノートは、表紙もしっかりしているので、キッチンの空いたスペースにそのまま置いていてもいいかもしれません。
(我が家は狭いので、本棚に戻していますが。)

せっかくスケジュールページも付いているので、そのまま手帳としてビジネスの場面で使っても面白いし、学生さんも昔の学生気取りで使ってみたら、けっこう勉強も楽しくなるかも。

このダサさとかわいさぎりぎりのクラシカルな雰囲気を、一歩引いた視点で楽しみながら使いたい。
そんなノートです。

にほんブログ村
トラコミュ
ステーショナリー


↓応援の1クリック、お願いします。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

書きまくるノート - 無印良品 週刊誌ノート

母親の影響で、小学生の頃から無印ファンでした。
小中学校と、使う文具は無印で固めていた記憶があります。

なんとなく趣味も変わり、しばらく無印離れをしていましたが、数年前、大学の編入学の勉強をきっかけに、再び無印偏愛な時代を迎えました。

きっかけとなったのが、この週刊誌ノート

P6160107_convert_20120616174303.jpg

シンプルでラフな作りが、ずらずら長くなる計算過程などを書くのにぴったり。

一応経済学部志望だった私のぐちゃぐちゃな計算にも、大容量ページで受け入れてくれました。

P6160106_convert_20120616174138.jpg

一回り大きいサイズのものもありますが、私はこのA5サイズが持ち運びにも良くてお気に入り。

このサイズでもガンガン書きまくることができます。

お値段も安くて、とにかく気負わずに書けるので、どんどん問題を解いていき、終わったノートが溜まっていくのが快感でした(ガリ勉!)。

就職したあとは、このノートの出番もなく、いろいろなかわいい文具のことで頭がいっぱいで、気づけばこのノート自体見かけなくなっていました。

ところが、ただいま良品週間ということで、近所の無印に行ったところ、久しぶりの再会!

無印のサイトのくらしの良品研究所を見てみると、同シリーズの4コマノートの「再販希望!」の意見があったらしく、それに合わせてこの週刊誌ノートも再販されたようです。

P6160110_convert_20120616174441.jpg

この週刊誌ノート、ラフな作りとは言え、紙面にひっかかりもなく、なめらかな筆記ができるのも魅力。

シャーペンでもボールペンでもさらさら書けますが、個人的には同じ無印のゲルインキボールペン(0.38mm)でさらっと書きたいです。

P6160111_convert_20120616175016.jpg

このゲルインキボールペンもとってもおすすめです。

ぜひ、良品週間のもう一品に週刊誌ノートをいかがですか?

私はもう一度、まとめ買いに行ってきます。

↓人々の無印への熱い思いが!
にほんブログ村
トラコミュ
やっぱり好き MUJI 無印良品


↓無印におでかけの前に、応援クリックお願いします↓
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

*追記(6/18)*
残念ながら、週刊誌ノートの再販は数量限定の模様→ご意見パーク
ネットストアの方は、予定数量分が終わってしまったみたいです。
やっぱりお店でまとめ買いだ!

強さと美しさ - Clairefontaine(クレールフォンテーヌ)のKOVER BOOK(カバーブック)

最近、クレールフォンテーヌでお気に入りのノートがあります。
それがこちら、カバーブックです。

P5070815_convert_20120508001548.jpg

表紙のラベルに描いてあるように、
表紙と裏表紙の内側にファイルポケットが付いています。

P5070817_convert_20120508001747.jpg

一般的なクリアファイルのように2辺が綴じられたタイプのファイルですが、
素材はうすーいです。
でもポリプロピレンの表紙がとってもしっかりしているので、
うすいファイルでも問題なし。
ぼんぼん紙を入れていけます。

この表紙のしっかり具合がすばらしい!
私、過去にも何度か雨やウエットティッシュなどで表紙から中身までへろへろにした経験があるので、この強さ、助かります。

中は罫線タイプと方眼タイプがあります。
私は3冊とも方眼タイプで、緑と青は方眼が表紙から透けていますが、
クリア(白)の表紙だけ、1ページ目に無地紙が綴じられていて、表からは方眼がわかりません。

色のラインナップも豊富なので、お好きな色を見つけてください!

私は、ちょっとしたメモはふせんに書くし、
支払い関係などの紙類はセリアのクリアファイルにはさんで持ち歩くので、
あまりこのカバーブックのファイルに実用性はないのですが、
好きな紙ものをはさめる!というのがとってもうれしいです。

直接貼ってコラージュするのと違って、
簡単に中身を変えられるのがうれしい。

P5070821_convert_20120508002226.jpg

白にはTheatrePRODUCTSから来たすてきなDMをしまって、
緑には、シカゴ現代美術館のミュージアムショップで買った謎のマスタッシュ付きカードをはさんでいます。
かなり無造作ですが。

P5070822_convert_20120508002059.jpg

もちろん、私のように非実用的な使い方ではなく、
直近使う書類やその月のカレンダーなんかをはさんでおくのもいいですね。

ちなみに外国製のノートやファイルって、表紙ラベルが付いていますが、
私はデザインの好みで貼ったままにしたり、はがしたりします。
カバーブックのラベルは簡単にはがせますよ!

P5070819_convert_20120508003704.jpg

サイズは18.5cm×22.6cmと十分なサイズ感ですし、
表紙もしっかりしているので、ビジネスの場面でばっちりメインのノートになると思います。
学生さんなら教科別のノートにぴったり。

表も裏も、ロゴがすてき!

P5070820_convert_20120508002420.jpg

P5070818_convert_20120508002748.jpg

こんなにきれいな色とすてきなデザインなのに、とってもタフ。
すばらしいデザインと耐久性を誇るカバーブックをぜひ主役ノートにしてみてください。

最後までありがとうございます。
下記クリックしていただけるとうれしいです。更新がんばります。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村


ブルー!ブルー!ブルー! - MOLESKINE(モールスキン)、ELCO(エルコ)のノート

いつも私的なくだらない話ばかりなのですが、
今日はさらに個人的嗜好のお話。

ここ1年くらい、青にものすごーーーく惹かれます。
特にあざやかな感じのターコイズブルー。
こんな感じで、文具も集まってきたので、少しご紹介します。

P4190710_convert_20120419143847.jpg

しょっちゅう出てきますが、やっぱりMOLESKINE(モールスキン)!
大きめタイプと先日ご紹介した小さいモールスキンの青バージョン。

P4190712_convert_20120424180855.jpg

大きいほうは無地で、小さいほうは横罫です。
私は小さいノートが無地だと、やたらと大きく文字を書いてしまって、
あっという間にノートが終わってしまうので、
小さいノートは横罫を選ぶことも多いです。

しかし!
モールスキンのこの色、廃盤になってしまったようで、本当に残念…

P4190711_convert_20120419144626.jpg

すてきな色なのになあ。
なんとか在庫品を見つけたら買うようにしています。

そしてこちら、スイスのELCO(エルコ)のノートは、自由が丘のsixで購入しました。

P4190713_convert_20120419144958.jpg

ELCOはノートでも紙ファイルでもいちいち発色がきれいなのですが、
特にこのゆるぎのない青のシリーズが大好きです。
このシリーズは単語帳などもあるので、学生向けなのかな?
罫線の種類もいろいろあって、おすすめです。

P4190714_convert_20120419145107.jpg

昔はもっとざらざらの紙の表紙で、
それがいかにもヨーロッパな味わいがあって好きだったので、
今のぴかぴかの表紙になってしまったのはちょっと残念です。でも好き!

そしてこのELCOと最初に出会ったのも、scosでした。
ほんとうにscosはいろいろな文具きっかけを与えてくれます。

最初の写真の後ろにちらりと写っているのは、
ターコイズブルーの半透明の封筒です。

今回紹介した以外にも、Delfonicsのブリーフケースや、
American Apparelのポーチなど、集まってゆくターコイズ軍団。
今日の記事も猛烈に偏った色彩になりました。

色の力ってほんとうに不思議です。
永遠に大好きな黒の文具と、
今の気分にぴったりのターコイズブルーの文具。
囲まれているだけで最強の気分!

最後までありがとうございます。
よければ、下記クリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。