その他のペン

書くことの日常性 - ぺんてるのトラディオ・プラマン

今日は、書き味も佇まいも文句なし!の日本のペンのお話。
ぺんてるのトラディオ・プラマンです。

P5230927_convert_20120523153118.jpg

プラスチック万年筆で「プラマン」、という名のとおり、
万年筆とサインペンの特性を併せ持った不思議なペン。
たしかに万年筆のようなペン先なのですが、
万年筆に慣れていないと起こる、特有のひっかかりもなく、ほんとうにスムーズ。

万年筆を愛しながらも、「書く」という行為の日常性を大事にしたかったであろう、
開発の意図がよく伝わってくる商品です。

(試行錯誤の物語は、ぺんてるのサイトもどうぞ→ぺんてるライブラリー

そして、ほんとうによく考えられた筆記具なだけあって、
強い文字もさらさらと書く文字も、ほんとうになめらかに線が進みます。

P5230931_convert_20120523153430.jpg

書きやすいペンというと、どうしても太い書き上がりになりがちなのですが、
トラディオ・プラマンは、細い文字もさらっと書けるのが魅力。

そしてこの、昔実家にあったかも…と思うような渋い姿。
とにかくどんなノートともはまる佇まいに惹かれます。

古いはがきを表紙にした100円ショップのファイルにも過去記事あります

P5230932_convert_20120523153634.jpg

かなーり素朴なメモ帳にも過去記事

P5230933_convert_20120523153807.jpg

ガーリーに飾ったモールスキンにも。

P5230934_convert_20120523153946.jpg

全部にぴったり寄り添っています。
もちろん書き心地もあらゆる紙に寄り添っています。

私は、これがまさに正しいペンの姿のような気がしています。

最後までありがとうございます。
↓ご婦人をクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。