ポストカード

小粋なメッセージ - 月光荘画材店のユーモアカード

過去に、大好きなポストカードシリーズとして、7 days cardsのことを書きましたが、
同じく大好きなシリーズがあります。

P6130062_convert_20120613163338.jpg

銀座・月光荘画材店のユーモアカードです。

1枚95円。画用紙に、短いつぶやきのような詩とイラスト。
たくさんの種類があります。

洒脱な恋の詩と、余白の多い佇まいは、小粋と表現するにふさわしいです。

なんとなく、自分が生まれるよりずっと昔の人たちって、こんな感じに恋をしていんじゃないかなと、見たこともない古いバーの灯りや襟あしをすてきにカールした女の人の姿がよぎります。

こんな詩には、

P6130053_convert_20120613163533.jpg

こんなイラスト。

P6130054_convert_20120613163729.jpg

他には、

P6130055_convert_20120613163859.jpg

「ほどほどに 色気もあって 才もあり さりとて つめたすぎもせず そんなひとに 会って みたいような 春の宵。」

P6130056_convert_20120613164121.jpg

「私の心は あなたでいっぱい。 ほかに なんにも入りません。」

P6130057_convert_20120613164244.jpg

「愛のファンファーレ 耳の遠い恋人にも これならささやけるはず。」

P6130058_convert_20120613164511.jpg

「こっそりひろった恋だって 芽が出て 花咲くことがある。」

うんうん。

P6130061_convert_20120613164646.jpg

こんなふうにシンプルに、グラシン紙の封筒から透けさせてもすてきです。

梅雨の季節は表に出るのがちょっとおっくうです。
久しぶりのひとに手紙でも書いてみるいい時間かもしれません。

P6130063_convert_20120613164844.jpg

小粋な詩は表面に任せて、自分の言葉で短い手紙を書いてみようかな。

↓応援のご婦人クリックお願いします↓
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ


スポンサーサイト

大人くだらないカード - MikWrightのグリーティングカード

今回はほんとうになんのことやら分からない、
くだらないグリーティングカードのお話です。

P4190698_convert_20120419140944.jpg

こちら、アメリカのMikWrightというメーカーのグリーティングカードです。

このシリーズは、全く知らない人のノスタルジックな写真を使ったカード。
ポストカードサイズの二つ折りのカードで、
リアルな写真のテクスチャーの紙が貼ってあります。

P4190703_convert_20120419142054.jpg

印刷ではないという細かさがポイント!
ちょっと私の写真では分かりにくいかな…

おばさんとか、だるい感じの親子とか、
アメリカ特有のキメ顔の成長記録写真とか、
見事なセレクトです。

P4190699_convert_20120419141540.jpg

中を開くと、こんなアメリカンジョークが。

P4190704_convert_20120419142207.jpg
big. bigger. just right.

私の英語力ではちょっとよくわからないジョークも多いのですが、
全体に漂うアメリカンなシュールさ。

サイトによると、HolidayとかBirthdayとか、
いろいろ場面に合わせたカテゴリーがあるようですが、
いずれにせよ、くだらない!!

私は、気心の知れた友達へのバースデーカードとして、使っていますが、
もらった方もけっこうぎょっとしています。

ありがたいことに、封筒もセットです。
封筒はシンプルな無地です。

ちなみに日本でも、こういう素人のゆるいスナップ写真を集めた本があったりしますが、
アメリカでも同じような写真集が売っていたり、
カレンダーがあったり(カレンダー、買ってしまった…)、
同じようにひとつの流行ではあるようです。

しかし、くだらないくだらないと連発していますが、
MikWrightのくだらなさはプロのくだらなさなので、
バランス感覚ばっちりのすばらしい味わい!

P4190702_convert_20120419141742.jpg

マンハッタンのGrand Central Stationに入っている小さな本屋に、
このカードのラックが置いてあり、
昨年出張で行くたびに覗いては、ついついたくさん買ってしまいました。

ただ、日本ではネットでも取り扱いが見つけられませんでした…
残念。
ぜひ日本のショップでも販売して欲しい!
どこかのバイヤーさんこれ読んでくれないかなあ!
どなたか日本で見つけられたら教えてください。

昔は、外国の文具もがんがん日本で買えるし、
外国なんて行かなくていいわ~と思っていましたが、
やっぱり世界中にはまだまだ知らないものがいっぱいあることがわかった今、
(お金はないが)いろいろなところに行って、
まだ見ぬ文具と出会いたいと思う次第です。

最後までありがとうございます。
読んでいただいたしるしに、下記クリックしてくださるとうれしいです。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

大切にしたくなる、送りたくなるポストカード - 7 days cards

大好きなポストカードがあります。
藤原弥生さんというポストカード作家の方が作った「7 days cards」というカードです。
どれもシンプルで味わいのある素敵なポストカードで、
文字、イラスト、箔、エンボス、抜き、といろいろなアイデアがつまったたくさんの種類があります。

P4050434_convert_20120405215743.jpg

数年前、青山のスパイラルで偶然発見したときから、
いつも必ず手元に5枚はストック。
上のバラは好きなシリーズのひとつ。
何度も人に送っているので、都合何枚が私の手元を過ぎていったのかは覚えていません。

他にもこんな真っキンキンに「東京」とエンボスされたものや(これも大好き!)、

P4050442_convert_20120405221324.jpg

リアルな昆虫イラストなど、

P4050441_convert_20120405221650.jpg

とにかくもう書ききれないほどいろいろな種類があって、
これまでのすべてのカードを一度に見れたらどんなにいいだろう!と夢想します。

裏面がとってもシンプルなのもうれしい。

P4050435_convert_20120405225609.jpg

伊東屋のサイトを読んだところ、藤原さんはなんと制作から卸まで
すべてお一人で行っているそう。
それも30年以上!
30周年のときにスパイラルでカードを購入したときには、
こんなポストカードサイズのクリアファイルがおまけでもらえました。

P4050446_convert_20120405220648.jpg

手紙セットを入れておくのにぴったり!

P4050448_convert_20120405220915.jpg

期間中2回も買いに行ったので、2枚持っています。

思い起こせば中学のとき、田舎に住んでいる私の趣味のひとつがポストカード集めでした。
数少ない地元の文房具屋で集めまくり、300枚くらい集まりましたが、
当時はそれを誰かに送るということもなく、
ただひたすら集めて眺めて、にやりとしていました。
今は集めつつ送っているので、そんな極端に集まることはありませんが、
気に入って買ったカードは離れがたく、送る前に写真を撮ってしまいます。

私はいつもスパイラルで7 days cardsを買うのですが、
前あったものがない!ということもよくあるので、
特に気に入ったものは2枚、3枚と買っておきます。
今、手元にあるのはこんなラインナップ。

P4050445_convert_20120405220301.jpg

「THANKS」と大きく文字が抜いてある白いポストカードも持っていましたが、
これは送ってしまいました。また欲しいな…
文字の部分が抜けているため、定形外になってしまうのですが、
そのときは半透明の封筒に入れて80円で送りました。
ちょっと透けているのがかわいい。

大事に取っておきたい宝物だけど、
これが誰かのポストに入っているのを考えると送らずにはいられない。
本当に魅力的なポストカードです。

ランキングに参加しています。
よかったら、下記クリックして頂けるとうれしいです。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。