スタンプ・はんこ

オリジナルスタンプ製造工場 - Shiny プリンティングキット S-200

以前、注文するオリジナルスタンプの話(過去記事)をしましたが、今回は、自分の部屋で作るオリジナルスタンプのお話。

P6070027_convert_20120607185404.jpg

Shinyのプリンティングキットです。

Shinyは、台湾の三勝文具のオリジナルブランド。
いろいろなDIYスタンプキットを出していて、文具好きで知らぬ者はいないくらいのブランドですね。

私も大好きで、事あるごとに引っ張り出してきます。

P6070028_convert_20120607185600.jpg

中身はこんな風に、小さいアルファベットや数字のゴム印パーツや、それをつまむピンセット、スタンプ台、パーツをはめ込むベースなどが、セットになっています。
パーツをはめ込むベースは、1行のものから楕円のものまで揃っていて、創作欲を刺激されます。

ゴム印パーツ自体はとっても小さいので、作るときけっこうぴょんぴょん弾いてしまうのですが、完成品を押すとほんとうにかわいい!
ちょっとずれた感じがいい味になります。

私は、ふせんにぺたぺた押して、オリジナルふせんにしたり、

P6070031_convert_20120607185713.jpg

楕円の下側にブログアドレスをはめ込んで、ネックレスに見立てて、こんな簡単なブログ紹介名刺を作ったりしています。

P6070033_convert_20120607185817.jpg

花頭女です。

「http://」や「.com」といったパーツはすでにセットに入っているので、便利。

あとはもちろん、自分の住所スタンプも作って、封筒の後ろにぽんと押します。
もらった方はちょっと困るかな…

机の上が、一気にスタンプ工場になる、魔法のキット。
ぽんと押せば、どんなものでも自分ブランドにるなんて、すてきです。

↓1クリックが、励みです↓
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
スポンサーサイト

大好きな言葉をあちこちに - ハンコヤドットコムで作るオリジナルハンコ

誰にでも大切な言葉があると思います。
座右の銘!とか人生を決めたこの一言!とまで行かなくても、
自分だけに特別に響いた言葉。

そんな言葉をハンコにしてみました。
それがこれ。

P4070470_convert_20120407012442.jpg

こんな自分勝手なハンコを作ってくれたのは、
ウェブサイト・ハンコヤドットコムです。

ハンコヤドットコムでは、
注文ガイドに沿って好きなハンコのサイズ、フォントなどを選び、
ハンコにしたい言葉を入力して注文すると、
自分だけのオリジナルハンコを作って届けてくれるのです!

注文の仕方は、細かくデザインできるものから、
簡単に文字とサイズ、フォント指定だけするものまでありますが、
私は後者にあたる「フリーテキストゴム印」を注文しました。

サイズも6×6mm(463円)から28×99mm(4875円)まで、44サイズ!
フォントは楷書、ゴシックなど4種類。
縦書きも横書きもOKで、枠をつけることもできます。

特記事項として、文字のサイズやセンタリングといったちょっと細かい注文もできます。
こんなに至れり尽くせりで、注文から4営業日後に出荷してくれるのです!

XYRON(ザイロン)シールメーカーの記事を書いたときに、
「言葉をわざわざシールにするとその言葉が特別になる」というようなことを書きましたが、
このオリジナルハンコも同じで、
ますますその言葉が大切に思えてきます。

私がハンコにしたのは、
私の人生をすっかり変えてしまったミュージシャン・奥田民生さんの『マシマロ』の一節と、

P4070474_convert_20120407012851.jpg

大好きな『男はつらいよ/寅次郎と殿様』の寅さんの名言。

P4070472_convert_20120407013310.jpg

初めてハンコを作るときに悩みぬいて決めた2つです。
あちこちぺたぺた捺して、
民生さん便箋や寅さんメモ帳にしてしまえ!!

民生さんも寅さんもまだまだハンコにしたい言葉があるし、
今度はいろいろデザインをして注文してみようかな。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
よければ下記クリックしてくださるとうれしいです。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。