クリップ

小さな旅人 - 月光荘の右手クリップ、2ヶ所留めクリップ、WEDOのカラフルクリップ

先日のクラフト紙の記事で、部屋の掃除&模様替え中とこぼしましたが、
絶望的に汚れていた部屋も無事片付き、
埋もれていたすてきな文具もたくさん出てきました。
乱雑に置いていたこと、ほんとうに申し訳ないです。

あれこれ紹介したいものがたくさんなので、
徐々に記事にしていけたらいいなと思います。

さて、今日はそのうち出てくる出てくる小さい文具、クリップです。

P5160861_convert_20120518203357.jpg

前回の記事もクリップでしたが、今日もまた違った魅力のものたち。
ひとくちにクリップと言ってもいろいろです。

手の形をしているこれは、銀座・月光荘画材店の右手クリップ。

P5160862_convert_20120518203544.jpg

ずっしりくる重みと固さ、染みるような色合い。
おどけているのに味わい深いです。

P5160865_convert_20120518204300.jpg

こんなふうに紙を留めると、
ただの紙がなんだかすてきなメモ帳になります。
ずっとずっと大切にしたいクリップです。
36(サブロ)や山田文具店恵文社などで買えます。

銀色のクリップはこんなふうに、
ベースの紙(やファイルなど)に+αで紙を留めることができます。

P5160863_convert_20120518203740.jpg

うーむ、アイデア。

残念ながら、どこで買ったのかは忘れてしまいました…。
なんとかお店をと思ったのですが、
なんて検索すればいいのかすら分かりません。
どなたか見つけられましたら、教えてください。

そして、カラフルなプラスチックのクリップ。

P5160864_convert_20120518204112.jpg

丸いケースに入っているものも、大きい黒いものも、
WEDOというドイツの文具メーカーのもので、
購入したのはscosです。

小さい方のクリップは、もの自体に少し厚みがあるため、
はさんだ紙が波打って、ちょっと跡が残ってしまいます。
なので、傷んでもOKの自分用資料などを留めます。

カラフルなので資料の種類ごとに色を分けても!
とは言え、私はそういうマメなことが出来ないので、気分で好きな色を選びます。
駄菓子屋にある女の子のおもちゃみたいな、チープな感じがまたかわいい!

大きい黒のクリップは、がっちり留められるので、
厚めの資料にぴったりです。

ぴったりです、とか生意気に言っていますが、
これもしばらく私の部屋で眠っていた文具たち。
反省です。

クリップは、付けたまま他人の手に渡って、それがまた別の人のところに行ったり、
ちょっとしたすきまに落ちてしまったり、
あちこち旅をする宿命のような気がします。

これからはそんな小さな旅人を埋もれさせないで、
大事に、でも毎日積極的に!使っていこうと思います。

最後までありがとうございます。
下記クリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

実直なかわいさ - ライオン事務機のビッグバインダークリップ

よく考えてデザインされたかわいい文具は大好きですが、
ときに機能追求型の道具的な文具の中に、
ツボにはまるかわいさを秘めたものもあります。
このクリップもそう。
オフィス文具の老舗・ライオン事務機のビッグバインダークリップです。

P5160854_convert_20120517142301.jpg

日本ではダブルクリップの名称でおなじみですね。
どこで買ったかは忘れてしまったのですが、
楽天でお店を見つけました。→リンクはこちら

これ、横幅が約10cmととってもビッグです。
とにかくサイズが大きい。
しいて言えばそれだけがこのクリップの特徴なのですが、
私はどうしてもこの姿に惚れ惚れしてしまいます。

P5160855_convert_20120517142429.jpg

ボディに書かれた「LION No.15510 BINDERCLIP」の文字!
シンプルでひかえめでレトロでキュート!
そもそもライオン事務機の「LION」というシンボルマーク自体がレトロで大好きです。

logo_img_01.png

もちろんこのクリップの大きいサイズ感にもときめきます。
一般サイズと違うだけで、なぜこんなにわくわくするんだろう…
(極小ダブルクリップも大好きです。)

使い方は、バラの紙をまとめて即席ノートにしたり、

P5160859_convert_20120517142632.jpg

ちょっと本やノートを開いておくのに使っても。
(紙はちょっと傷むので、跡が残ってもいい本限定です。)

P5160858_convert_20120517142530.jpg

半端のお菓子や調味料の袋をとじるのにもいいですね。
シンプルな文具は家中で活躍します。

毎日がんがん使ってちょっとくたびれさせてもまたかわいいなあ。

冒頭に、よく考えてデザインされたかわいい文具…と書きましたが、
そもそもこういう「道具」こそ正にデザインされている商品であることを思い出させられました。
大好きだ!まじめなクリップ!

最後までありがとうございます。
下記クリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村


自分の世界を作るもの - Puhlmann the Zooのバードクリップ

たったこれだけで元気になれる。
そんなアイテムのお話です。

こちら、Puhlmann the Zooというプロジェクトのバードクリップです。

P4160671_convert_20120416155423.jpg

4種類のシルエットの小鳥が、
こんな感じで8匹はいっています。

P4160673_convert_20120416155650.jpg

クリップのサイズはふつうのものより少し大きめ。
ぷくっとして、すべすべのさわり心地が気持ちいい!

箱には洗濯ひものようなひもも入っていて、
こんな風にポストカードを吊るしてね、という説明があります。

P4160672_convert_20120416155546.jpg

もちろん、ふつうのクリップと同じように、
紙を束ねてもほんとうにかわいい!

P4160675_convert_20120416155756.jpg

実はどこで買ったのかは忘れてしまったのですが、
いろいろな雑貨屋のネット通販でも取り扱いがあるようなので、
ぜひ検索してみてください。

これをデザインしたのは、オランダのデザイナー・Jorine Oosterhoffさんという方。
この方のウェブサイトを見ると、これまでのアートワークを見ることができます。
Puhlmann the Zooのトナカイのタオルかけなんて、
めちゃめちゃキュート!

3.jpg

日常になじんださりげない世界観。
そこにほんの少しのエッセンスで、宝物のようなマテリアルを生み出しています。

机の上にこういうものがあるだけで、わたしたちは元気になれる!
くだらないように思えますが、
自分の世界を自分の好きなもので満たすのは、
少なくとも私にとっては生活のこつのような気がします。

最後までありがとうございます。
よければ下記クリックしてくださるとうれしいです。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。