お気に入りのお店

わくわくを買う - 切手の博物館

目白にある切手の博物館をご存知でしょうか。
お手紙好きには有名ですかね。

P4240750_convert_20120425184743.jpg

私もなんとなく知ってはいながら、行ったことがなかったので、
少し前に、特別展示の愛の切手展を見に行きました。
ハート!赤!LOVE!と小さい面積いっぱいに愛があふれる、世界各国の切手たち。
どの国も、どうしても隠せないその国特有の世界観を小さな紙の上ににじませています。

かわいすぎる!!
ものすごい数のあまりにかわいいものをいっぺんに見ると、
もはやあせりさえ感じてきます。

そしてそんなかわいさ爆発の展示を見ながらも気になるのは、スーベニア・コーナー。
どこに行っても物欲にはかないません。
以前、東京芸大美術館の記事で、展示の説明一切なしで、
クロッキー帳の紹介だけした自分がここにいます。

各国のいじらしいほどにかわいく、センスが凝縮された切手群から、
予算に合う分だけなんとか買って帰りました。

P4240749_convert_20120425184558.jpg

このバラの切手たち!

P4240755_convert_20120425185313.jpg

手前のベトナムのバラ切手は、日本のものとは全然違う軽くて素朴な紙質にもうっとり。

そして、ブータンのロイヤルウエディング記念切手…。

P4240753_convert_20120425184953.jpg

エンボス加工がなされた、立派なシート型です。
ゆるい休日用ヘアスタイルで子供たちと何かを見つめる国王。
何に使うのか自分でもわかりません。

どれもこれも「手紙を送る」という本来の実用性としての価値はありませんが、
それよりシールやポストカードを集めるように、
「これでどんなものを作ろう!」というわくわくを買っている気がします。

スーベニア・コーナーは入館料がかかるエリアにあるのですが、
もうひとつミュージアム・ショップのほうは、入館料無料エリアにあるので、気軽に入れます。

スーベニア・コーナーは、ミュージアムグッズや世界の切手&郵便グッズが置いてあり、
ミュージアム・ショップは、輸入ものの新発行切手や日本の切手などを6万種以上取り扱い。
目移りして気が遠くなりました…。

P4240754_convert_20120425185203.jpg

とはいえ、せっかく行くならどちらもぜひ!
入館料は大人200円の良心価格で、毎月23日(ふみの日)は、入館料が無料です!

新緑の季節に目白周辺をぷらぷらしながら、
小さい戦利品を持って帰ってください。

最後までありがとうございます。
下記クリックしていただけるとうれしいです。更新がんばります。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。