ノート

究極の再利用 - CHARKHA(チャルカ) 百科事典ノート「K」

文具好きの宿命で、「もったいなくて使えない」シロモノはたくさんありますが、これもそのひとつ。

P7020255_convert_20120702150403.jpg

人気雑貨店CHARKHA(チャルカ)のオリジナルノートです。

約10cm×20cmという縦長なフォルムが心をくすぐるこのノート、
チェコの子供用百科事典『Detska Encyklopedie』のページがそのまま表紙になっています。

P7020257_convert_20120702150952.jpg

表紙を開いた内側にも並ぶ、ウラジミール・フカのイラストが、もうたまらなくかわいい!

P7020258_convert_20120702151915.jpg

中の紙は無地で、製本はシンプルに中綴じ。
かわいい表紙が引き立ちます。

百科事典は1960年代~80年代の古いものを使っているので、黄色くくすんだ色合いなのですが、それがまたなつかしいようなすてきな風合い。

P7020259_convert_20120702152040.jpg

各アルファベットのラインナップがありますが、
私は、自分のイニシャルのKを。

P7020261_convert_20120702152158.jpg

こんなかわいい再利用、この世にあるのか!というくらい、何もかもがすてきで、何度見てもときめきます。

なのに残念ながら今はどこも品切れ!

もったいなくて使えないので、お願いだからまた作って!と祈るばかりです。

↓文具ブログはこちら↓
にほんブログ村
トラコミュ
ステーショナリー

*いつも見てくださってありがとうございます*
↓1クリックが励みです。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
スポンサーサイト

私のレシピチヨウ - 一ツ橋ノート ラッキーグロリアノート

お気に入りのバインダーノートがあります。

P6290239_convert_20120629134924.jpg

金ぴかのライオンの紋章がレトロで重厚な、一ツ橋ノートのラッキーグロリアノートです。

サイズはB5サイズ。

P6290241_convert_20120629135132.jpg

中には「曜」の略字が渋すぎるスケジュールページと、横罫のルーズリーフ、カラー見出しがセットされています。

P6290242_convert_20120629135305.jpg

バインダーの開閉はスライド式で、レトロな風情ながらスリムな作り。

私は、数年前に36(サブロ)で買いましたが、どうもネットではあちこち品切れ中のようです。

一ツ橋ノートという会社自体、「東京都北区にある老舗文具メーカー」以上のことがいまいちわかりません。(どなたかご存知でしたら教えてください!)
そして「ラッキーグロリアノート」というものすごいネーミング…。
異様にミステリアスです。

そんな不思議なラッキーグロリアノート。
私は、このノートをレシピ帳として使っています。

P6290247_convert_20120629140139.jpg

私のような、毎回レシピを引っ張り出して作るタイプの人間のレシピノートは、ルーズリーフ型が便利。

レシピは必ず片面だけに書いて、作るときは1枚抜き取って、壁に貼って確認しながら作ります。

P6290244_convert_20120629135756.jpg

今はネットでレシピを探すことも多いですが、狭いキッチンでスマートフォンを置いておくのも心配だし、パソコンのある場所と行ったり来たりしながら作るのも面倒なので、やっぱり紙に書き起こすのが一番!

P6290243_convert_20120629135436.jpg

日々増えていくレシピを種類ごとに分類しなおすのにも、ルーズリーフは向いていると思います。

ラッキーグロリアノートは、カラー見出しも付いているので、ダイモで見出しを作って分類。

P6290245_convert_20120629135944.jpg

ダイモのカタカナは、このノートのレトロな雰囲気にもぴったり。
このノート、おしゃれに英語のハンコで…というより、どうしてもとことんクラシックな雰囲気に作り込みたくなります。

ちなみにラッキーグロリアノートは、表紙もしっかりしているので、キッチンの空いたスペースにそのまま置いていてもいいかもしれません。
(我が家は狭いので、本棚に戻していますが。)

せっかくスケジュールページも付いているので、そのまま手帳としてビジネスの場面で使っても面白いし、学生さんも昔の学生気取りで使ってみたら、けっこう勉強も楽しくなるかも。

このダサさとかわいさぎりぎりのクラシカルな雰囲気を、一歩引いた視点で楽しみながら使いたい。
そんなノートです。

にほんブログ村
トラコミュ
ステーショナリー


↓応援の1クリック、お願いします。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

ソフトビニールケースが好き! - セリア B7、ダイソー B7ダブルタイプ ソフトカードケース

100円ショップで買える、ソフトタイプのビニールケースが大好きです。

P6190134_convert_20120620123006.jpg

だいたい2枚セットで売っていたりして、とてもリーズナブル。

この手のビニールケースは硬質タイプも便利ですが、このへんは個人的嗜好でソフトタイプを愛用しています。

誰の要望もないのにしょっちゅう紹介している↓このふせんファイルを筆頭に、ビニールケースはあちこちで使っています。

P6190135_convert_20120620123209.jpg

(ふせんファイル変遷の記事はこちら→その1その2

どのお店でも、いろいろなサイズが手に入りますが、私は特にB7サイズを愛用!

ふせんを貼るのにはこれくらいがちょうど良く、細かいものを入れても出しやすいし、手持ちのメモ帳ともサイズが合って、デニムのポケットくらいなら入ってしまうところがお気に入りです。

(ただ、B7だと一般的なポストカードが入らない!ここだけ難点。雑貨屋で買える古いポストカードなら入ることもあります。)

ファイル的な使い方以外にも、例えば、メモを挟み込めばノートっぽくも出来るし、アイデア次第でどうにでもなるところが大好きです。

こちら↓は、ビニールケースを使ったオリジナルノート。

P6200144_convert_20120620151745.jpg

表紙にお気に入りの古いポストカードを入れて、中は紙を挟んでいるだけ。

P6200145_convert_20120620152713.jpg

ソフトタイプだとふにゃふにゃして書きづらいので、下敷き代わりに後ろのポケットには硬い台紙の透明ふせんを入れています。

P6200146_convert_20120620152818.jpg

こっちにも下敷き代わりのポストカードを入れてもかわいいかも。
とってもかんたんですが、自分の使い勝手に合わせて、いろいろ変えられるのがいいところ。

それから、1面タイプは、両面テープでノートに付けて、ポケットにしたりもします。

P6190141_convert_20120620123631.jpg

中には、自分で作ったメモ帳とシール。
表面には無印の白いふせんを貼って。

もちろんちゃんとしたそれ専用の商品もありますが、なんとなく昔からこのやり方が好きです。
やっぱりソフトケースの質感が好きなのかもしれない!

ちなみに貼っているノートはLANDS OF Eden.のLOVEノートです。

さらにクリアケースは、マスキングテープの持ち歩きにもぴったり!
「ちょっとだけマスキングテープを持っていきたいな…」というときなど、好きな分だけ切って、このクリアケースに仮貼りすれば、ロールごと持ち歩かなくて済みます。

P6190138_convert_20120620123324.jpg

切手や飾り用のシールなどもケースに挟んで、封筒・便箋と一緒に持ち出せば、この1セットで外で手紙が書けるのがうれしい。

P6190140_convert_20120620123521.jpg

梅雨はいやだけど、この手紙セットを持って、近所の喫茶店へ行けば、少し気分がやすらぎます。
梅雨時期のホットコーヒーって何となく好きで、むしむし暑いのに、飲みたくなってしまいます。

思い出すのは、寅彦の珈琲哲学序説
これをアップしたら、飲みに行こうかな。

もちろんビニールケースにお気に入りの切手を入れて。
ほんとにビニールケース、便利です。

↓コーヒーを飲みながら、100均のアイデアブログはいかがですか
にほんブログ村
トラコミュ
100円ショップ L O V E


*前回、前々回と稚拙な無印記事にたくさんのクリックありがとうございました*

↓足跡がわりの1クリック、おねがいします
ブログランキング・にほんブログ村へ

書きまくるノート - 無印良品 週刊誌ノート

母親の影響で、小学生の頃から無印ファンでした。
小中学校と、使う文具は無印で固めていた記憶があります。

なんとなく趣味も変わり、しばらく無印離れをしていましたが、数年前、大学の編入学の勉強をきっかけに、再び無印偏愛な時代を迎えました。

きっかけとなったのが、この週刊誌ノート

P6160107_convert_20120616174303.jpg

シンプルでラフな作りが、ずらずら長くなる計算過程などを書くのにぴったり。

一応経済学部志望だった私のぐちゃぐちゃな計算にも、大容量ページで受け入れてくれました。

P6160106_convert_20120616174138.jpg

一回り大きいサイズのものもありますが、私はこのA5サイズが持ち運びにも良くてお気に入り。

このサイズでもガンガン書きまくることができます。

お値段も安くて、とにかく気負わずに書けるので、どんどん問題を解いていき、終わったノートが溜まっていくのが快感でした(ガリ勉!)。

就職したあとは、このノートの出番もなく、いろいろなかわいい文具のことで頭がいっぱいで、気づけばこのノート自体見かけなくなっていました。

ところが、ただいま良品週間ということで、近所の無印に行ったところ、久しぶりの再会!

無印のサイトのくらしの良品研究所を見てみると、同シリーズの4コマノートの「再販希望!」の意見があったらしく、それに合わせてこの週刊誌ノートも再販されたようです。

P6160110_convert_20120616174441.jpg

この週刊誌ノート、ラフな作りとは言え、紙面にひっかかりもなく、なめらかな筆記ができるのも魅力。

シャーペンでもボールペンでもさらさら書けますが、個人的には同じ無印のゲルインキボールペン(0.38mm)でさらっと書きたいです。

P6160111_convert_20120616175016.jpg

このゲルインキボールペンもとってもおすすめです。

ぜひ、良品週間のもう一品に週刊誌ノートをいかがですか?

私はもう一度、まとめ買いに行ってきます。

↓人々の無印への熱い思いが!
にほんブログ村
トラコミュ
やっぱり好き MUJI 無印良品


↓無印におでかけの前に、応援クリックお願いします↓
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

*追記(6/18)*
残念ながら、週刊誌ノートの再販は数量限定の模様→ご意見パーク
ネットストアの方は、予定数量分が終わってしまったみたいです。
やっぱりお店でまとめ買いだ!

てきとうDIYシリーズ2 - つぎはぎノート

なぜこんなにDIYづいているかと言うと、
現在風邪でお休み中。
表に出られず、でも動きたくてむずむずしているので、
せめて手を動かして発散!
というわけで今日も手を動かしました。

その名も「つぎはぎノート」。

P5220912_convert_20120522121955.jpg

昨日の「てきとうメモ帳」より、
ちょっとだけ手がかかっていますが、
それに比例していい加減さにも磨きがかかっています。


作り方はこんな感じ。

1. 中に入れたい紙を決めて、好きな枚数を半分に折ります。

2. その折った中紙のサイズに合うように、表紙と裏表紙を作ります。

2-1. 今回も昨日と同じ、あまっている蝋引きの袋をカット!カット!カット!

P5220902_convert_20120522121228.jpg

もちろん好きな紙やパッケージを使って作ってください。

2-2. マスキングテープでも何でもいいので、中紙サイズに合わせてつぎはぎします。

P5220903_convert_20120522121113.jpg P5220904_convert_20120522121341.jpg

蝋引きの紙の場合、裏側にもマスキングテープを貼ると、透けてかわいい!

2-3. 表紙と裏表紙をくっつけます。(すでに表紙と裏表紙が1枚になっていれば、この工程はカット)

P5220909_convert_20120522121603.jpg

裏も表もこんな感じにつぎはぎ状態。

3. 1で折った紙を乗せて、真ん中をリボンで束ねます。

P5220908_convert_20120522121712.jpg

4. きゅっとむすんだら完成!

P5220913_convert_20120522121849.jpg

リボンはきっちりきつめに結んであげてください。

ちなみに私はマスキングテープでぺたぺたつないで、
1か所だけギンガムチェックの自家製クロステープを貼りました。

P5220919_convert_20120522122115.jpg

下の方、袋の底感がすごい…

このタイプのノートは、上下左右裏表、好きな面を表紙に持ってこられるし、
昨日のてきとうメモ帳同様、中の紙の抜き差しも自由!

やっぱり家にあるもので作ったので、おねだん0円。

目分量でサイズを合わせて、袋の折り目に沿って切っているので、
定規も使わず、所要時間5分くらいです。
のりも使っていないので、べたべたしなくてストレスフリー!

P5220918_convert_20120522122228.jpg

ぐつぐつ作った生姜大量投入のチャイを飲みながら、
このつぎはぎノートに、頭の中のつぎはぎのアイデアでも書こうかな。

最後までありがとうございます。
下記クリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村


*******

文具じゃないおまけの話。

手作り熱冷めやらず、ミニミニ裁縫をしました。

以前、IKEAで見つけたKRAMA(クラーマ)ハンドタオル

krama-handotaoru__12404_PE090073_S4_convert_20120522124108.jpg

色違いのループが付いたハンドタオルが10枚349円!と、ときめいたのですが、
10枚も要らないなあ…と思い、購入は断念。

でも白いタオルにカラフルなループという組み合わせが忘れられず、
家にあったオーガニックモスリンクロスを引っ張り出し…

P5220899_convert_20120522120519.jpg

青いリボンを縫い付けました。

P5220898_convert_20120522120355.jpg

これでよし!

P5220900_convert_20120522120712.jpg

以上、おまけの話でした。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。